ホーム | 文芸 | 読者寄稿 | 想い出を暖めて「オートバイの旅」=クリチーバ 田口さくお

想い出を暖めて「オートバイの旅」=クリチーバ 田口さくお

 息子とオートバイの旅に出た。行先はクリチーバ市から約2百キロ、グァラキサーバという港町。
息子の友達夫婦との4人旅、グラショウザ街道を降り、アントニーナ市から砂利道を走ること約1時間。砂利道の本道から約10キロのところに『サルト・モラト』という滝がある。
 ここは『グルッポ・ボチカリオ』という(化粧品の会社)財団が管理していて、滝に行く山道や自然散歩道等は良く整備されている。ただ、滝への道はかなりきつい。滝は落差130メートル余、素晴らしい滝である。その姿、岩石に囲まれてた川の流れ、水のせせらぎ―大自然がそこにあった。
 グァラキサーバ市(人口8000人位)は、小さい漁港の街である。

グァラキサーバの湾の景色

グァラキサーバの湾の景色 (Foto By David Veiga (Own work) [CC BY-SA 4.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)], via Wikimedia Commons)

 港は湾になっていて波静か、街並みも港に沿ってあるだけの田舎。本当に想い出に残る旅であった。
 ただ、滝を見学した後、穴に入ったのかオートバイが転倒、私は軽い足首の捻挫をしてしまった。幸い捻挫だけで、痛みはあったが小難で済んだ。これも先祖のお蔭かと感謝している。何時も大難は小難にと、小難は無難にと祈願しているのが聞き届けられたのだと思っている。
 そういえば、私がブラジルに移り住んで間もなくの頃。日本に一時帰国した時、田舎の実家の近くの田圃にオートバイで落ちたことを思い出した。この時も怪我はなく、植えたばかりの田圃を少し荒らしただけで済んだ。田圃の持ち主は兄の知り合いで、許してくれたのだった。
 人には逃れられない運命というものがある。そんな時、やはりそれを良い方向にしてくれるのが先祖霊であり、守護霊だと私は思う。東京大学の緊急治療センターの部長医師・矢作直樹氏の本に、『人間は死なない』という一節がある。その中で『体は死んでも魂は残る。そして自由自在に空間を移動している』と言っている。私もそれを信じたい。そうすれば、今生きている事が楽しくなるからだ。
 生きている間に沢山の楽しい想い出を作り、意識としてあの世(?)とやらに持って行き、縁のある『黄泉の国』の人達(父母等)と会話できたらと思うのである。ただ、いつも懺悔の気持ちを忘れないようにとも思っている。
 本当に自然への旅は楽しい。昔の詩にもある。『人はいさ心も知らず古里は花ぞ昔の香ににほひけるー紀貫之』私も詠んでみる。『静かなる森の岩肌白き滝飛沫と虹に小鳥囀る』『喜寿の山過ぎて旅するオートバイ訪ねし湾は波静かなり』。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『マンジョカ』はキャッサバのこと。芋はタピオカの原料。2015年6月17日 ニッケイ俳壇(842)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎 大王椰子銀河を浴びて身じろかず俳恩をかしこみ虚子を祀るなり移住地は山鳩鳴いて虚子祀る柵を出て仔を産む豚や竹の春麻州野の牛追ふ馬も皆肥えて    北海道・旭川市       両瀬 辰江 母と摘みし蓬の香り幼き日戦無き北の […]
  • 地震と自然のかかわり(2)=サンティアゴ在住 吉村維弘央2015年11月4日 地震と自然のかかわり(2)=サンティアゴ在住 吉村維弘央  こんな話を小生がほぼ30年ほどご厄介になっている歯医者で、国立チリ大学歯学部の教授でもあるパロミーノ先生に話した。先生は、地震と言う現象が、どう理解すればよいのか分からないような不可思議な影響を人間にも与えるのではないかと次のような話をしてくれた。 […]
  • 地震と自然のかかわり(1)=サンティアゴ在住 吉村維弘央2015年10月26日 地震と自然のかかわり(1)=サンティアゴ在住 吉村維弘央  防犯を目的としたカメラの設置が町のあちこちに進み、さまざまな出来事の解明に側面的にかなりの成果を収めているらしい。スーパーマーケットあるいはコンビニ等に置かれている防犯カメラも、当初の目的は盗難の監視だったのだろうが、設置されたカメラはその被写体を選択するという訳では無いので […]
  • 『マモン』はパパイヤをポルトガル語で発音したもの(Foto By Rodrigo.Argenton (Own work) [CC BY-SA 4.0 (httpcreativecommons.orglicensesby-sa4.0)], via Wikimedia Commons)2015年4月29日 ニッケイ歌壇(487)=上妻博彦 選       サンパウロ      […]
  • ゴイアーバ2015年6月9日 ニッケイ俳壇(841)=富重久子 選    サンパウロ         松井 明子 蔓サンジョン眺めつ遠き旅に出る【「蔓サンジョン」はブラジル原産。街中ではあまり見られないが、郊外から奥地に行くと崖に蔓を伸ばしたり牧場の柵に巻きついたりして、初冬から橙色の筒型の花を咲かす。 その昔、旅に出ると牧場や木立の木々 […]