ホーム | 文芸 | 連載小説 | 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo) | 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(7)

「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(7)

 【第4話】

 最愛の両親を亡くして精神的にダメージを受けた上に、このまま商売を続けると自分の身も危ないと感じたリカルドは、祖父の代からの店をたたむ決心をした。幸い、堅実な経営をしてきたおかげで一家に借金はなく、従業員には世間の相場よりも高めの退職金を払ってやめてもらった。店舗は不動産屋を通じて設備ごと売りに出したが、不況の最中すぐには買い手が付かなかった。
「急に一人になって寂しかったろう。それからどうしたの?」
「ずっとゴタゴタが続いて心身が疲れていたのと、両親を亡くしたショックで、しばらくの間ボーッとしていました」
「で、日本に出稼ぎに行こうと思ったきっかけは?」
「ある日、店舗の売却を頼んでいる不動産屋に行ったら、そこにいた日本人のブローカーから声をかけられました」
 そのブローカーは守屋といい、日本の人材派遣会社に出稼ぎ希望の日系人を斡旋して手数料を稼いでいた。守屋は、日本に行った多くの日系人が、短期間でブラジルでは決して稼げない額の金を手にしていると言ってリカルドを誘った。リカルドも、日本で働いてきた日系人が、稼いだ金で家や車を買ったという噂を時々耳にしていた。
「で、どう返事をしたの?」
「しばらく考えました。お父さんは出稼ぎには反対でした。人生はお金がすべてじゃないといつも言っていました。世の中はいろいろ変わるけど、おじいさんの店を守って、家族みんなで助け合いながら生きるのが一番幸せだと考えていました。でも、両親が死んで店を閉めてしまい、一人でどう生きていこうか迷っていたので、おじいさんが生まれた国に行くのもいいかなと思いました。実は、日本には前から一度行ってみたいと思っていました。おじいさんのように、まじめで勤勉な日本人が造った国を見てみたかったのです」
「そうか。でも、なぜ急に結婚したの?」
「守屋さんから話がありました。日本で働きたがっている外人の女性がいるけど、就労できるビザをとるために、日本に行く間だけ結婚してくれるジャポネーズ(日本人)を探しているって」
 守屋の話では、リカルドが婚姻届にサインさえすれば、そのブラジル人女性が彼の分まで往復渡航費や就職の斡旋手数料を負担してくれるという。たぶん守屋は、誰か日系人の結婚相手を紹介すれば、そのブラジル人女性から相当な手数料を受け取ることになっていたはずだ。
「それだけで結婚しちゃったの?」
「いいえ。日本にタダで行けるのは魅力でしたけど、僕は外人の女性と個人的に付き合ったことがなかったのです。お父さんもそうでしたけど、結婚する相手としては日系人の女性以外考えていませんでした」
「それから?」
「守屋さんが、ことわる前にとにかく一度その女性に会えとしつこく勧めたのです。美人で頭がいいし、性格も日本人の女性みたいに優しいと言っていました。まあ、僕としては、会うのはタダだし、暇つぶしだと思ってOKしました」
 こうしてリカルドは、守屋が手配した「お見合い」に出かけた。
 相手はアナ・バロスという名で、リカルドの家からさほど遠くないジャルジン・パウリスタ地区にある結構いいマンションに住んでいた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(49)2016年4月27日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(49) 「リカルドは、誰かさんと違って、家族の愛情に恵まれて育っただけ幸せだよ」「木村社長は、相変わらず金儲けに忙しいのでしょうか? 死んだカロリーナがあの人に残したメッセージのことは忘れたのかな・・・」「忘れてないよ。結局、人生で一番大切なのは、金とか社会的な地位がなくなっても、最後 […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(47)2016年4月23日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(47) 「私がこんなことを言うのも何ですが、今回、仕事でいろいろお話をお伺いして思ったんですが、社長には、誰か心の支えになってくれる人が必要じゃないですか? それは、家族、友人、あるいは恋人かもしれませんが、身近にいて、社長のことを本当に愛して考えてくれるような人ですよ。私、社長より長 […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(48)2016年4月26日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(48)  人数が増えたので、別のテーブルに移動して、全員ゆったりと着席。オーダーはシュラスコ食べ放題のコースと決めていたので、それぞれ飲み物を注文し、再会を祝して乾杯した。「今日は、ご招待ありがとうございます。彼、日曜日はいつも東京に踊りに来るので、一緒に来ようということになって、つい […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(45)2016年4月20日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(45)  リカルドが、また興奮して話し出した。「社長は、自分の都合で婚約者を捨てたのでしょう? もう何の役にも立たないと思って。カロリーナを捨てた時と同じだ。政治家の娘なら利用価値があるけど、ただのオヤジの娘じゃ、あなたにとって何のメリットもないですよね」「いや・・・それはちょっと違い […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(46)2016年4月21日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(46)  酒とクスリの相乗作用で完全に盛り上がった二人は、疲れを知らずに踊りまくり、カロリーナは群馬のアパートに帰ることをすっかり忘れてしまった。「二人ともたっぷり汗をかいたところで、外の新鮮な空気を吸いたくなってディスコから出ました」「それから?」「二人で腕を組んで、六本木の街をさま […]