ホーム | 日系社会ニュース | ジカ熱の水際対策を強化=成田空港など全国の検疫所

ジカ熱の水際対策を強化=成田空港など全国の検疫所

 【共同】中南米で流行が拡大し小頭症との関連が指摘されているジカ熱を「検疫感染症」に位置付ける検疫法の政省令が15日付で施行されたことを受け、成田空港など全国の空港や港湾にある検疫所が15日から、帰国・入国者への水際対策を強化した。
 成田空港の第2旅客ターミナルではこの日、厚生労働省成田空港検疫所の職員がサーモグラフィーで、帰国・入国者を体温測定した。ただ検疫所の担当者は「ジカ熱は発症しても微熱の場合が多く、サーモグラフィーでは見つけにくい。頭痛や筋肉痛でも気になることがあれば積極的に相談してほしい」と話している。
 同検疫所によると、ジカ熱に感染している疑いがあれば、医師が診察、血液検査する。感染が確認されれば、本人と本人の滞在場所を管轄する保健所に連絡する。
 厚労省によると、感染症法では感染症が1類から5類などに分類される。ジカ熱はデング熱やマラリアなどと同じ4類に指定され、患者を診察した医師は保健所に報告しなければならない。
 ジカ熱は蚊が媒介し感染。ワクチンや特効薬はなく、世界的な感染拡大が懸念されている。

□関連コラム□大耳小耳

 4日付け岩手日報の国際面に、ジカ熱に関する共同通信の配信記事が掲載されていた。「性交渉で感染、米国」ほか、国際原子力機構(IAEA)による蚊不妊化対策といった話題が紹介されている。その横には先月行なわれた岩手県人会の総会の様子が。「五輪開催年 門出祝う」との見出し付きで、和やかな集合写真も掲載。ジカ熱という暗い話題を、県人会員の笑顔が和ませているような?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナの感染検査より容易に=携帯型の検査器、承認間近2020年9月9日 《ブラジル》コロナの感染検査より容易に=携帯型の検査器、承認間近  新型コロナウイルスの感染拡大抑制のために不可欠とされたPCR検査が、より簡便化される可能性が出てきた。  オズワルド・クルス財団とVisuri社が共同開発した携帯型検査器が、国家衛生監督庁(Anvisa)の承認を待つばかりになったのだ。  携帯型検査器はOmniL […]
  • サンパウロ州=デング熱で早くも死者=患者数は昨年同月の半分に2020年2月13日 サンパウロ州=デング熱で早くも死者=患者数は昨年同月の半分に  サンパウロ州保健局が8日、1月に感染が確認されたデング熱患者は1万890人おり、死者も2人出たと発表した。  死者が出たのは、内陸部のプレジデンテ・ヴェンセスラウ市とオズワルド・クルス市だ。  1月に感染が確認された患者の40%以上は、10市に集中している。内訳は […]
  • 《サンパウロ州》20年ぶりに出血熱の犠牲者=ソロカバ市在住の男性が死亡2020年1月23日 《サンパウロ州》20年ぶりに出血熱の犠牲者=ソロカバ市在住の男性が死亡  保健省が20日、サンパウロ州内陸部のソロカバ市に住んでいた男性が出血熱で死亡したと発表した。  同省によると、この男性は、アレナウイルス科のマンマレナウイルスに感染していた事が判明したという。マンマレナウイルスは、ブラジル出血熱の原因とされたサビアウイルスと似ており […]
  • 《ブラジル》小頭症とジカ熱の研究進む=妊娠中の母親の栄養状態も影響2020年1月16日 《ブラジル》小頭症とジカ熱の研究進む=妊娠中の母親の栄養状態も影響  ブラジルでジカ熱が流行し始めた2015年以降、ブラジルの研究者達が、妊婦がジカ熱に感染すると小頭症の子供が生まれる可能性が高い事に気づき、世界中がその後の研究に注目し始めた。  ブラジルのリオ連邦大学の研究者と英国のオックスフォード大学の研究者は、10日に発表した論 […]
  • 《ブラジル》デング熱での死者が増加=過去21年間で2番目の高さ2020年1月10日 《ブラジル》デング熱での死者が増加=過去21年間で2番目の高さ  2019年のブラジルでのデング熱による死者は、1998年の統計開始後の21年間で2番目に多かったと、9日付現地紙が報じている。  保健省の発表によると、2019年は12月7日の時点で754人がデング熱で亡くなったことが確認されている。これは、2015年の986人に次ぐ、2番 […]