ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 伝染病対策費はむしろ減少=不況の税収減が予算を直撃=蚊の繁殖放置の家に罰金も

こちらの記事もどうぞ

  • ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表2016年3月12日 ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表  ジウマ大統領は10日午後、リオ市北部のオズワルド・クルス研究院(Fiocruz)内にある、免疫生物学技術研究所(通称バイオ・マンギーニョス)を訪問した。同研究所はブラジルの主要な免疫学研究センターだ。 ジウマ大統領は午後5時頃、ヘリコプターで研究所のサッカーグラウンドに到着し […]
  • 連邦政府=VD製造に1億レ資金援助=VZへの転用計画も発表=ギランバレーの死者も確認2016年2月24日 連邦政府=VD製造に1億レ資金援助=VZへの転用計画も発表=ギランバレーの死者も確認  【既報関連】連邦政府と聖州政府は、聖市ブタンタン(B)研究所が開発中で、テスト最終段階に入ったデング熱ワクチン(VD)を、ジカ熱ワクチン(VZ)を兼ねた多種型に転用する可能性を探っていると23日付フォーリャ紙が報じた。 VDをVZも兼ねたワクチンにとの意向は、ジウマ大統領(P […]
  • 生活扶助受給の妊婦に虫除け=国が無料で配布の意向発表2016年1月27日 生活扶助受給の妊婦に虫除け=国が無料で配布の意向発表  ジカ熱と小頭症の関係が取り沙汰される中、マルセロ・カストロ保健相が25日、生活扶助(ボウサ・ファミリア)受給者が妊娠した場合は、連邦政府が無料で虫除けを配布すると発表した。 ジウマ大統領が消臭した会議には、同保健相、アロイジオ・メルカダンテ教育相、ジャッケス・ヴァギネル官房長 […]
  • ジカ熱対策=問題発言の続く保健相=女性蔑視の疑いも持たれ=大統領府はあきれ気味2016年1月27日 ジカ熱対策=問題発言の続く保健相=女性蔑視の疑いも持たれ=大統領府はあきれ気味  伯国はジカ熱を媒介するネッタイシマカの抑制に成功しているとは言いがたい状況にあるが、マルセロ・カストロ保健相(PMDB・民主運動党)による実情認識の甘さを疑われる発言に、政府は困惑、嫌悪感まで示していると26日付伯字各紙が報じた。 「伯国はネッタイシマカとの戦いに完敗している […]
  • 東西南北2016年4月5日 東西南北  ジカ熱やデング熱の恐怖は依然続いているが、最近は、多くの死者も出ていることもあってH1N1型のインフルエンザが話題を奪いつつある。死者が55人に上る聖州でも事態は重く考えられており、4日からは医療関係者対象、来週月曜の11日からは、妊婦や幼児、高齢者、慢性病患者を対象とする予 […]