ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 祖母殺しの後に父まで=薬物常習者の殺人事件発生

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロで同性愛者らに対する犯罪増加=17日は反LGBT嫌悪の日2018年5月18日 サンパウロで同性愛者らに対する犯罪増加=17日は反LGBT嫌悪の日  17日は世界反LGBT嫌悪の日(国際反ホモフォビアの日)で、同性愛者や両性愛者、性転換者、性や服装倒錯者に対する差別に反対を訴える日だったが、この日に報じられた報道によると、サンパウロ大都市圏では、LGBTに対する犯罪件数が上がったという。  この日にグローボ局が報じたテレ […]
  • サンパウロ市=2日で3件の女性殺害=夫や元夫による犯行続く2017年8月23日 サンパウロ市=2日で3件の女性殺害=夫や元夫による犯行続く  サンパウロ市中央部で21日午後、軍警が7歳の息子の前で元妻を殺した後、子供を連れて逃げたが、警察に自首するという事件が起きた。同日は同市南部や北部でも男性が伴侶を殺す事件が起きており、20日朝からの2日間で女性4人が現在または元の伴侶に殺された事になると22日付現地紙サイトが […]
  • 《ブラジル》〝マスコミの犯罪〟Eバーゼ冤罪事件2017年4月4日 《ブラジル》〝マスコミの犯罪〟Eバーゼ冤罪事件  サンパウロ市で90年代前半からジャーナリストをしていた者にとって、気が重い本が出版される。『Escola Base』(Emílio Coutinho, Editora Casa […]
  • 東西南北2016年11月15日 東西南北  サンパウロ州保安局が発表した最新データによると、今年の1月から9月において、サンパウロ市での殺人事件で軍警によって殺害された人の数は287人だった。同期間中に殺人事件で亡くなった人の総数は923人なので、およそ10人中3人が軍警によって殺されている計算となる。同市の過去のデー […]
  • 殺人か、自殺か―犯罪大国と自殺大国の悲しい比較2016年3月15日 殺人か、自殺か―犯罪大国と自殺大国の悲しい比較  地理的な位置条件、勤勉性、ウソの是非に関する考え方など、日本とブラジルはいろいろな意味で逆だが、先日ニューズウイーク日本版サイト(www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/07/post-3779.php)を見ていて、もう一つ加わった▼昨 […]