ホーム | 日系社会ニュース | 広島もサイト開設へ=総会で地方連携深める

広島もサイト開設へ=総会で地方連携深める

親睦を深めた会員ら

親睦を深めた会員ら

 ブラジル広島文化センター(平崎靖之会長)が今月14日午前、サンパウロ市内の同センターで定期総会を行なった。会員家族約100人が出席した。
 平崎会長は冒頭挨拶で「昨年から広島系企業家へ、会員となり積極的に運営にかかわるようすすめている。そうすることで新しい運営方針を見出し今後の発展につなぎたい」と報告した。
 サンパウロ州奥地のアラサツーバ支部から、元山光男元支部長(前アラサツーバ文協会長)はじめとする7人の会員も出席。新会員となったポンペイア市西村技術財団の西村ジロウ代表も紹介された。
 昨年度は収入40万7千レアル、支出100万5千レで59万8千レの赤字。創立60周年記念行事、ビル改修工事や記念誌編纂など大幅な出費による。今年度予算は収入74万2千レ、支出76万8千レとしている。また施設の利用増や収入増、若者交流の活発化を目的に、サイト開設費が支出に計上された。
 その他議題では、アラサツーバ支部から神楽公演の要請があった。最後に記念撮影が行われ会員の団結とカープ、サンフレッチェ両チームの優勝祈願を行なった。
 総会後始まった新年会では同県出身の中前隆博在聖総領事も参加。「昨年着任してから、広島文化センター心強い支援をいただき感謝している」とあいさつ。ライムンド弁当から取り寄せた料理と、養殖家・鴻池龍朗さんによるピラルクの刺身を楽しみ、新年を祝いつつ親睦を深めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2006年1月25日 大耳小耳 2006年1月25日(水) […]
  • 刊行物2006年9月20日 刊行物 2006年9月20日付け  『親睦』九月号(通巻四百六十号)が発行された。扉「一句集」から「蓮根を煮付けて古里身近にす」(須美子)、「遺したし血は薄れても移民の日」(春江)、「追憶は耕地の鐘から移民の日」(まさかず)、ほか。_ […]
  • 道のない道=村上尚子=(4)2016年9月24日 道のない道=村上尚子=(4)  その頃、茂夫とは、軽く付き合ってはいた。けれども、結婚など考えてもいなかった。当時の多くの者は、父親の意見には、従わなければならなかった。私の父であれば、絶対服従である。それでも強く抵抗した。 「いやばい(いやです)」懸命に言い続けた。父に言い含められている母は、深刻になり […]
  • 政権発足以来の不祥事=国対委のジニス氏 連警が家宅捜査=官房長官 政府との関連否定=大統領、不快感示す2004年2月18日 政権発足以来の不祥事=国対委のジニス氏 連警が家宅捜査=官房長官 政府との関連否定=大統領、不快感示す 2月18日(水) […]
  • 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(69)2015年12月19日 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(69) 寿命が尽きた土 次が土の疲弊である。 これも、すでに記したことの繰返しになるが、北パラナが多くの開拓者を惹きつけたのは、その豊穣な大地であった。太古以来の大原始林が養い続けたテーラ・ロッシァの肥料分であった。しかし、それは、当然ながら永遠ではなかった。人間が植えた作物が、その肥 […]