ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | チャンWHO事務局長来伯=国の取り組みに理解示す=蚊撲滅へ国民に協力求め
世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長(Roberto Stuckert Filho/PR)
世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長(Roberto Stuckert Filho/PR)

チャンWHO事務局長来伯=国の取り組みに理解示す=蚊撲滅へ国民に協力求め

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表2016年3月12日 ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表  ジウマ大統領は10日午後、リオ市北部のオズワルド・クルス研究院(Fiocruz)内にある、免疫生物学技術研究所(通称バイオ・マンギーニョス)を訪問した。同研究所はブラジルの主要な免疫学研究センターだ。 ジウマ大統領は午後5時頃、ヘリコプターで研究所のサッカーグラウンドに到着し […]
  • リオ・オープンテニス開幕=有力選手ナダルがリオを擁護2016年2月17日 リオ・オープンテニス開幕=有力選手ナダルがリオを擁護  15日に開幕したテニストーナメント、リオ・オープンに出場するスペイン人選手ラファエル・ナダル(世界ランク5位)が「ジカ熱をさほど恐れていない」と表明したと16日付伯字各紙が報じた。 「主催者、自治体の人たちは最善を尽くしてくれている。だから僕は怖くない。リスクがゼロじゃないっ […]
  • ジカ熱対策=問題発言の続く保健相=女性蔑視の疑いも持たれ=大統領府はあきれ気味2016年1月27日 ジカ熱対策=問題発言の続く保健相=女性蔑視の疑いも持たれ=大統領府はあきれ気味  伯国はジカ熱を媒介するネッタイシマカの抑制に成功しているとは言いがたい状況にあるが、マルセロ・カストロ保健相(PMDB・民主運動党)による実情認識の甘さを疑われる発言に、政府は困惑、嫌悪感まで示していると26日付伯字各紙が報じた。 「伯国はネッタイシマカとの戦いに完敗している […]
  • カーニバルも気をつけて!=ジカ感染を避けるために=日本の外務省が注意喚起2016年2月5日 カーニバルも気をつけて!=ジカ感染を避けるために=日本の外務省が注意喚起 日本国外務省はリオのカーニバルなどのために渡航する日本人観光客や在住者に向けて、次のような「注意喚起」を2日付けで海外安全ホームページに掲載したので、ここに転載する。ジカウイルス感染症(ジカ熱)の流行に関するもので、特に妊婦及び妊娠予定の人への注意を呼びかけている(編集部)。 […]
  • 暫定政権いよいよ発足=12日午後、テーメル就任=課題が山積する中の船出2016年5月13日 暫定政権いよいよ発足=12日午後、テーメル就任=課題が山積する中の船出  【既報関連】12日朝の上院本会議でジウマ大統領の罷免手続き開始が決まり、ジウマ氏への停職通達後の12日午前11時25分、ミシェル・テーメル副大統領に暫定大統領就任の通達が届けられたと同日付各紙サイトが報じた。テーメル氏は同日午後、暫定政権の閣僚の就任式と暫定大統領就任挨拶を行 […]