ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 13日にトラック2台の衝突・爆発事故が起きて損傷し、以降、通行止めになっていたサンパウロ市南部のサントアマーロ高架橋が25日午前、部分的かつ限定的なものであるものの通行を再開させた。同高架橋は6車線から構成されているが、この日は双方向1車線ずつ、計2車線を開放させた。ただし、通行が許可されたのは路線バスのみで、一般乗用車にはまだ開放されていない。前述の事故以来、同高架橋を走っていた25の路線のバスが進路の変更を余儀なくされたため、南部では様々な道路で長時間の渋滞が起きていた。同高架橋は鑑定の結果、当面は撤去しない方向になったが、復旧のめどは立たず、安全面も不安視される。
     ◎
 サンパウロ州保安局の発表した最新データによると、今年1月にサンパウロ市で最も窃盗が多かった区はセントロのセーで618件を記録していたという。セントロはかねてから窃盗事件が多発するところとして知られ。上位5位までにはカンポス・エリーゼオスとパリ(3位と5位)も入っている。一方、殺人や強盗が目立つのが南部で、上位5位までの三つをジャルジン・ミルナなどが占めた。自動車の窃盗は西部のラッパやピニェイロス、自動車強盗はサンマテウスなど東部で目だっている。
     ◎
 サンパウロ市では24日午後も強い雨が降った。カンタレイラ水系の25日午前9時現在の月間降水量は209ミリとなり、月間平均を上回った。これでこの雨季は、昨年の11月、12月に続いて月間平均を上回ったことになり、水位も22・4%まで上昇。本格的な雨季はあと1月強位だが、水位はどこまで上昇するか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年12月18日 東西南北  今年、続々と新駅が出来て話題となったサンパウロ市地下鉄。人々の生活はすごく便利になったが、問題も少なくない。まず、1号線と2号線に連結されて人気がとみに高まっている5号線は、カルテルで企業体役員13人が断罪された。そのせいか、9月末にオープンして以来、未だに、サンタクルス駅に […]
  • 東西南北2018年12月4日 東西南北  サンパウロ市アリアンツ・パルケで2日に行われたサッカー全国選手権のパルメイラスの今季最終戦に、同チームのファンをかねてから公言しているジャイール・ボルソナロ次期大統領が姿を現した。最初は「緑のユニフォームを着て、スタンドでおとなしく見ている」だけとされていたが、試合が終わると […]
  • 東西南北2017年5月31日 東西南北  30日付アゴラ紙によると、サンパウロ市セントロで強盗や窃盗の被害が急増しているという。1―4月で比較した場合、セントロでは16年同期に比べて強盗事件が29・7%、窃盗事件が32%増えたという。市全体の増加率は各々2・6%、10%だったというから、セントロ(セー、ボン・レチロ、 […]
  • ブラジルの自動車メーカー=カーニバルに長期休暇?=1月の生産増にも関わらず2017年2月9日 ブラジルの自動車メーカー=カーニバルに長期休暇?=1月の生産増にも関わらず  ブラジルの1月の自動車生産台数が昨年同月比で17%増えたと報じられた翌日の7日、国内の自動車メーカー各社が、カーニバルを利用して生産調整を行う意向を表明し始めたと8日付エスタード紙が報じた。  6日に行われた、乗用車、小型商用車、トラック、バスを含む自動車の生産台数が17% […]
  • 東西南北2017年2月1日 東西南北  1月はまとまった雨が降ったサンパウロ州。結局、カンタレイラ水系の同月の降水量は393ミリで、過去10年で3回しかない400ミリ到達はもう少しのところで逃した。それでも同水系の水位は未開水域分を除いても60%を超えた。同水系の水位が未開水域分を除いて0%に戻ったのは、2015年 […]