ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州保安局の最新データによると、乗り物を利用していた際の性犯罪が急増しているという。2018年と2017年では共に241件と動きはなかったが、2008年の66件と比べると、約3・6倍となっている。昨年の場合、最も多かったのが「痴漢」の132件で、51件が強姦行為、38件が未成年虐待、20件が「だまされて及ばされた性的行為」だった。また、過去10年間で性犯罪が最も頻繁に行われた場所は「公道(バスを含む自動車内)」で、523件が「電車の中」だった。同州政府は4月1日から、性犯罪の危険を知らせる携帯電話内臓用のボタンのアプリのダウンロードをはじめるが、効果は?

     ◎

 サンパウロ市地下鉄は22日、モノレール線17号線の工事を担当していたコンソーシアム「モノトリーリョ・インテグラソン」との契約を解除したと発表した。このコンソーシアムは、コンゴーニャス空港からCPTM9号線モルンビ駅までをつなぐべく、2012年から工事をはじめた。当初の計画ではサッカーW杯の14年には完成の予定だったが、それから5年近く経ても完成にはほど遠く、地下鉄側は遅延をめぐる訴訟を、この2年間で17回も起こしていた。

     ◎

 サッカーのサンパウロ州選手権は23、24日に決勝トーナメント準々決勝第1戦が行われ、サンパウロ州4強のうち、サントスとサンパウロは共に快勝。だが、コリンチャンス、そしてこれまで好調だったパルメイラスは、辛くも引き分けのスタートとなった。第2戦は今日と明日行われ、合計スコアで勝利したチームが準決勝に進出する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2019年ブラジルサッカー10の教訓=地元紙が鋭い考察=攻撃的スタイル、外国人監督がキーワード2019年12月27日 2019年ブラジルサッカー10の教訓=地元紙が鋭い考察=攻撃的スタイル、外国人監督がキーワード  21日のクラブW杯決勝でフラメンゴがリバプールに敗れ準優勝に終わったことで、1月に始まり12月に至った2019年ブラジルサッカーシーズンが終了した。  フラメンゴが席巻したと言っても過言ではない今期を振り返って、ブラジル紙が「2019年ブラジルサッカー界が得た10の […]
  • 欧州に対抗してブラジルでもスーパーチーム結成を!2017年12月22日 欧州に対抗してブラジルでもスーパーチーム結成を!  16日にアラブ首長国連邦のアブダビで行なわれたサッカーのクラブW杯で、南米覇者で南大河州ポルト・アレグレの名門グレミオは、欧州王者のレアル・マドリッド(スペイン)に0―1で敗れ準優勝に終わったが、そこには点差以上の大きな壁の存在が感じられた▼だが、それを責めても、仕方 […]
  • 東西南北2019年9月4日 東西南北  2日、パルメイラスがフェリポン監督を電撃解任し、ブラジル・サッカー界を驚かせた。2002年のW杯優勝監督でもある同氏は、昨年、自身の古巣でもあるパルメイラスを全国選手権で優勝させていた。だが、リベルタドーレス杯の準々決勝で敗退した上に、1日に行われた全国選手権でも首位のフラメ […]
  • 東西南北2020年7月28日 東西南北  サッカーのサンパウロ州選手権のグループリーグ最終戦が一斉に行われ、26日、決勝トーナメント進出の8チームが決まった。注目のコリンチャンスは、オエステに2―0で快勝し、前日までグループDで上位にいたグアラニーがサンパウロ相手に1―3で敗れたため、順位逆転で進出決定となった。全試 […]
  • 東西南北2019年5月28日 東西南北  26日に行われた親派デモはそれなりに形となり、なんとか面目は保たれたボウソナロ大統領。だが、26日付のフォーリャ紙によると、デモの結果がどうであれ、もう既に、連邦議会でのボウソナロ氏の評価は、「議会との関係を悪化させ、国の統治はできない」と散々で、「大統領権限を小さくさせる」 […]