ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州保安局の最新データによると、乗り物を利用していた際の性犯罪が急増しているという。2018年と2017年では共に241件と動きはなかったが、2008年の66件と比べると、約3・6倍となっている。昨年の場合、最も多かったのが「痴漢」の132件で、51件が強姦行為、38件が未成年虐待、20件が「だまされて及ばされた性的行為」だった。また、過去10年間で性犯罪が最も頻繁に行われた場所は「公道(バスを含む自動車内)」で、523件が「電車の中」だった。同州政府は4月1日から、性犯罪の危険を知らせる携帯電話内臓用のボタンのアプリのダウンロードをはじめるが、効果は?

     ◎

 サンパウロ市地下鉄は22日、モノレール線17号線の工事を担当していたコンソーシアム「モノトリーリョ・インテグラソン」との契約を解除したと発表した。このコンソーシアムは、コンゴーニャス空港からCPTM9号線モルンビ駅までをつなぐべく、2012年から工事をはじめた。当初の計画ではサッカーW杯の14年には完成の予定だったが、それから5年近く経ても完成にはほど遠く、地下鉄側は遅延をめぐる訴訟を、この2年間で17回も起こしていた。

     ◎

 サッカーのサンパウロ州選手権は23、24日に決勝トーナメント準々決勝第1戦が行われ、サンパウロ州4強のうち、サントスとサンパウロは共に快勝。だが、コリンチャンス、そしてこれまで好調だったパルメイラスは、辛くも引き分けのスタートとなった。第2戦は今日と明日行われ、合計スコアで勝利したチームが準決勝に進出する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年5月28日 東西南北  26日に行われた親派デモはそれなりに形となり、なんとか面目は保たれたボウソナロ大統領。だが、26日付のフォーリャ紙によると、デモの結果がどうであれ、もう既に、連邦議会でのボウソナロ氏の評価は、「議会との関係を悪化させ、国の統治はできない」と散々で、「大統領権限を小さくさせる」 […]
  • 東西南北2019年4月2日 東西南北  この週末は、3月31日を巡る議論でブラジルの世論が二分された。一方では、ブラジルを代表するベストセラー作家のパウロ・コエーリョが、これまでほとんど公に語って来なかった、軍政下で拷問を受けた過去を告白するなど、軍政時代の新たな証言がメディアに上った。だが、その一方で、そういった […]
  • 東西南北2019年3月12日 東西南北  「ブラジルはカーニバルが終わらないと年がはじまらない」とは、昔からよく言われているが、今年のサンパウロ州議会は、15日にようやくスタートする。今年からはじまる同州議会では、ジョアン・ドリア州知事の民主社会党(PSDB)が19人から8人へと大きく議席を落とし、ボウソナロ大統領の […]
  • 東西南北2019年3月23日 東西南北  21日、ボウソナロ大統領は64歳の誕生日を迎えた。多忙な大統領は米国訪問後、誕生日にチリに発った。その忙しい最中、ボウソナロ氏は自身のフェイスブックで動画を介し、やはり21日の「世界ダウン症の日」に関する生中継メッセージを送った。だが、ここ連日、何かと失態の多い大統領は、ここ […]
  • ペレの次に偉大な選手は?=ロナウド、ジーコの順=ネイマールはようやく7位2019年2月19日 ペレの次に偉大な選手は?=ロナウド、ジーコの順=ネイマールはようやく7位  「ペレの次に偉大なブラジルの選手は?」。これは、ブラジル国内のサッカーファンの間でよく起こる議論だが、いままでは定番といえる見解はなかった。  そんななか13日、現地サッカー専門誌「プラカー」がその答を勝手に「ネイマール」としてしまったために物議をかもし、「そんなは […]