ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日の本面の記事は、奇しくも最高裁による人身保護令の判断の話が二つ重なった。最高裁は通常、長官を除く10人が5人ずつの班に分かれて審理を行うが、今回は第1班が殺人容疑者のサッカー選手ブルーノ、第2班がラヴァ・ジャット作戦の被告に関し、それぞれ、対照的な判断を行った。そもそも、重大な事件の犯人と目される人物を、「次の裁判のめどが立たないから」との理由で、社会的な懸念が明らかにあると知りながら、あえて人身保護令を認めるというのは、国民にはわかりにくい話ではないだろうか。被告の人権という見方も理解は出来るが、今後、国民の関心を高めそうな問題だ。

     ◎

 21日付本面でも紹介した、現在、ブラジルの青少年の間で流行り、社会問題となっている「バレイア・アズル(シロナガスクジラ)」。苦行を課して、時には死にさえ追い込む、一種の洗脳ゲームだが、24日午前にはサンパウロ州モンガグアで、ねずみの毒を飲んだという13歳の少女が救急病院に運ばれるという事態が発生した。この少女はこの毒を飲んで自殺しようとしていたと告白しているとか。身近に子供がいる人は、他人事と思わず注意する必要がある。

     ◎

 4月に入ってから冷え込みが続くサンパウロ州だが、寒冷前線が到来し、雨が降った昨日から、天気はまたも下り坂だ。予報だと、サンパウロ市では雨が続くのみならず、日曜日までの最高気温は21度までしか上がらず、日曜日には最低気温が11度まで下がると予想されているとか。明日から実施と噂されている大型ストも気になるが、天気対策の必要もあるようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年3月6日 東西南北  現在、パラナ州クリチーバにあるオスカー・ニーマイアー美術館では、ラヴァ・ジャット作戦で押収された絵画の展覧会が行われている。これらの作品は、元ペトロブラスのサービス部長だったレナト・ドゥケ氏をはじめとした被告たちが賄賂代わりに手にしたものだ。これらの価値が非常に高く、話題とな […]
  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]
  • 東西南北2017年4月19日 東西南北  オデブレヒトのデラソンによる、大物政治家たちがラヴァ・ジャットに関与していたとの報道が続々と流れて世間をにぎわせる中、元下院議長で現在逮捕中のエドゥアルド・クーニャ被告や元財相、官房長官のアントニオ・パロッシ被告もデラソンに応じる構えを見せている。クーニャ氏は既に、「テメル大 […]
  • 東西南北2017年11月10日 東西南北  本日付本頁で報じている連邦警察の新警視総監選出の話だが、セゴーヴィア氏を推薦したサルネイ元大統領は、既にお蔵入りになったとはいえ、「ラヴァ・ジャット作戦(LJ)をつぶそうと画策した」容疑で連邦検察庁からレナン・カリェイロス元上院議長やロメロ・ジュカー上議らと共に捜査対象となっ […]