ホーム | コラム | 樹海 | 移民はすでに日本へ入っている《ブラジルからの視点》

移民はすでに日本へ入っている《ブラジルからの視点》

平成27(2015)年国勢調査(総務省サイト)

平成27(2015)年国勢調査(総務省サイト)

 NHKは2月26日に《日本の人口は1億2711万47人で、前回5年前の調査と比べて94万7000人余り減りました。国勢調査で人口が減少したのは調査開始以来初めてで、総務省は「日本は人口減少の局面に入った」としています》と報道した▼国勢調査を開始したのは1920年だから、実に約100年ぶりの減少だ。というか、明治以来ほぼ一貫して人口は膨張してきた。そのおかげで食糧難に見舞われ、移民送り出し政策が始まった経緯がある▼人口減に絡んで、《日本もシリア難民の受け入れを》という意見が日本で出ているが、コラム子は反対だ。「移民受け入れ」がどういうことかを、肌身で分かっている政治家や官僚が日本にいるとは思えない▼移民を大量に受け入れることは、自国の文化や伝統を変えることに他ならない。日本文化の特殊性や素晴らしさは海外在住者が一番よく分かっており、それゆえ日本が良い意味で〃世界のガラパゴス〃であることを守ってほしいと痛感している▼日本移民はブラジル発展に貢献してきた。裏を返せばブラジル文化に影響を与えてきた歴史だ。移民受け入れを議論するなら、日本人を送り出した結果、相手の国にどう影響を与えてきたかをまず調べ、それが逆になった場合、日本国民はどう反応するかをしっかりと思考実験すべきだ▼ブラジルは歴史が短く、人口が少なくて住み分けが可能だったから、移民受け入れに成功した。日本には世界に冠たる長い歴史と伝統があり、まったく逆のケース。「欧米が受け入れているから、日本も」と単純に考えるべきではない。日本が人口減に歯止めをかけるためにすべきは「出生率を上げる」ことだ▼一般的に、移民や難民は、その国が好きで行くわけではない。より良い生活を求めて受け入れ先を探すだけだ。移住一世は自分たちの元々からの生活様式をある程度守れないと安定できない。現地に統合するのは主に二、三世の役割であり、彼らの成長と共に現地化が否応なく進んでいく。少なくとも二世代分の時間、できれば三世代分という長期的な視点が必要だ▼一世が現地の言葉を現地人並にしゃべるのは9割方不可能だ。それができるのは外交官、一部駐在員、留学などエリートだけ。移民や難民はまったく別だ。それができないからコミュニティというインフラが必要になり、邦字紙や日系団体が一世に必要な情報やサービスを補完してきた▼日本には「外国人高度人材受け入れ制度」がある。「良質な技能を持つ外国人」にポイントを付け、得点が高い人には永住権を与える制度だ。そのようにお手軽に外国から連れてくるのではなく、もっと身近にいる在日外国人子弟を国際的な人材に育てる中長期的な投資にも目を配ってほしい。「内なる国際化」だ▼彼らを積極的に母国に留学させて語学や特殊技能を習得させ、多国籍企業や官庁で採用できないか。海外日系人協会やJICAは日系人育成のエキスパートであり、いまこそ日本国内でそのような事業を展開すべきではないか▼日本で日本人と同じように育った外国人子弟に、独自文化を維持することを許容し、日本に国際的な雰囲気を内側から醸し出してもらうのだ。移民はすでに入っている。まず彼らを大事に育てる。それができないなら、新しく入れても軋轢を生むだけではないか。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは2019年7月9日 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは  県連日本祭りの裏方である県連執行部はもちろん、ボランティアとして働いた各県人会の役員や婦人部、青年部、それぞれのブースで働いた皆さんに、今年も心から「お疲れさま!」と言いたい。  本国以外では世界最大規模の日本祭りにして、昨年は眞子内親王殿下をお迎えして移民110周 […]
  • むしろ、ばらされた方が良かったこと2019年7月6日 むしろ、ばらされた方が良かったこと  セルジオ・モロ法相が苦境に立ち続けている。サイト「ジ・インターセプト・ブラジル」からの漏洩文書を使った追及を道義的な問題にする人は少なからずいる。だが、「漏洩内容は国民の関心のあるもの」として、2度もルーラ元大統領絡みの漏洩で名をはせた同氏の主張の説得性に対する国民の […]
  • 極右VS極左の仁義なき戦い2019年7月2日 極右VS極左の仁義なき戦い  「こんなシュール(超現実的、奇怪)な光景が見られるとは…」――6月19日に上院憲政委員会でなんと9時間にわたって繰り広げられた、セルジオ・モロ法相を問い詰める政治家たちの鬼気迫る様子をテレビで見ながらそう感じた。両手に余る汚職告発をかかえていつ監獄送りになってもおかし […]
  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]