ホーム | コラム | オーリャ! | ブラジル人の公共心やいかに

ブラジル人の公共心やいかに

 通勤途中にあるガソリンスタンドが閉店したら、わずか数日で不法駐車とホームレスが雑草のようにはびこり出した。このままだと店は廃墟同然になり、周囲の治安まで悪化しそうだ。
 閉店したとはいえ、他人の土地に勝手に車を停める感覚に驚く。伯国では「自分がやりたいこと」を主張するのが常識で、日本に比べて相手の迷惑を考える感覚が薄いように感じる。
 先日も上品そうな高齢の女性がタバコをポイ捨てするのを目撃し、目を疑った。道にはゴミが多く、国を動かす政治家は平気で賄賂を受け取る。先進国になれる十分な資質があるのに足踏みしているのは、根底に「自分さえ良ければ」の思いがあるからでは。
 伯国農業を根底から変えた日系人だけに、今度は伯人の心に道徳や公共心を〃植える〃試みができれば、日伯友好の絆はより強固になるだろう。えっ、日系人にも公共心が薄れてきている? それじゃ困った…。(将)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 元ニッケイ新聞記者の足跡2019年4月25日 元ニッケイ新聞記者の足跡 インターネット上で、04年にブラジル日本交流協会を通じて本紙で研修を受けた先輩男性記者のブログを見つけた。しかも日本に帰った後、当時を懐かしんで11年に記載したもの。同じ記者の足跡に、親近感が沸いてついつい読んだ。  恐ろしいことに、先輩記者はかつてグリセリオ街にあった社員寮 […]
  • ユーチューブから始まった政治活動2019年3月8日 ユーチューブから始まった政治活動  「若手日系人の集い」で初めて知ったが、政治とは無縁だったキム・カタギリ連邦下議(23歳)が、社会問題に関心を持つようになったキッカケは、高校の授業で取上げられたボウサ・ファミリアだった。「国の発展のための政策だと教わったが、詳しく制度を調べてると、単なるばら撒きに過ぎないと思 […]
  • 軍政時代の生々しい話2019年2月19日 軍政時代の生々しい話  ある日の午後、陸軍予備役大佐の京野吉男氏を取材していたら、軍事独裁政権時代の話になった。当時の話はタブー視されている印象なので、このように聞くのは初めてだった。  軍政時代は1964年に始まり、85年まで21年間続いた。現在83歳の京野氏は、当時30代、40代。まさに軍人と […]