ホーム | コラム | 樹海 | 違っているから素晴らしい

違っているから素晴らしい

 紙面の仕事を終え、同僚と話していたら「多様性」という言葉が出てきた。あらゆる生物や組織には多様性があり、それを認める事はよりよく生きる事にも繋がる▼ブラジルのように国土が広く、その国民も人種や国籍などに違いがあると、植物や動物などの生態系の多様性と共に、文化や気質、考え方などの多様性にも直面する。残念ながら、人間は「周りのものは全て自分達のために存在している」と考えやすく、自分に役立たないものや自分の考えにそぐわないものを切り捨てる事さえある▼だが、生物多様性条約なるものが作られた時、その原案に「人類が他の生物と共に地球を分け合っていることを認め、それらの生物が人類に対する利益とは関係なく存在していることを受け入れる」という一文があったという。結局この部分は削除されたが、ここに書かれた原則は日頃接する人や組織の中でも生きている▼ある企業サイトに、組織での多様性について「様々な違いを尊重して受け入れ、『違い』を積極的に活かすことにより、変化し続けるビジネス環境や多様化する顧客ニーズに最も効果的に対応し、企業の優位性を創り上げること」と書かれていた。そういう意味では、人が2人いれば既に多様性が生まれる▼相手の持つ経験や価値観、性格、能力は自分と違っていて当たり前で、その事を認めないとストレスが溜まる。また、多様性を認めているか否かで、何かあった時、柔軟に対応できるかどうかも違ってくる。全員の多様性をフルに活かせる組織やトップを見つけるのは難しい。だが、違いに直面した時、「違っているから素晴らしい」と思えたら、新しい世界が広がり始めるだろう。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を2020年1月28日 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を  取材しながら、「日系社会は何を目指しているのか」―そんな疑問を頭に思い浮かべている。  たとえば、リベルダーデ日本広場のイベントで、長崎県人会の青年部があの重たい龍体を振り回して龍踊りを披露しながら玉のような汗を流している姿、レプレーザ文協の皆さんが一糸乱れぬ阿波踊 […]
  • 「文化局長の心構え」とは2020年1月24日 「文化局長の心構え」とは  先週、伯国では連邦政府の文化局長ロベルト・アルヴィム氏の「戦慄」とも言える突然の動画発表で大騒動となった。ナチスの音楽の象徴となったワーグナーのオペラをバックに、悪名高き情報相ヨーゼフ・ゲッベルスの発言をソックリ模倣し、「芸術の国への奉仕」を呼びかけたためだ。  こ […]
  • いつになれば格差はなくなる?2020年1月23日 いつになれば格差はなくなる?  先週来、心を重たくする報道が続いている。一つ目は、15年にブラジル北東部を中心に起きた小頭症児誕生に、ジカ熱に感染した妊婦の栄養状態が大きな影響を与えていたという研究だ。北東部は人間開発指数も低く、妊婦がたんぱく質などをきちんと摂っていなかったために小頭症児誕生率が高くなった […]
  • ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう!2020年1月21日 ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう! […]