ホーム | 日系社会ニュース | スラム街の子どもに柔道着=日本からブラジルへ

スラム街の子どもに柔道着=日本からブラジルへ

 【リオ・デ・ジャネイロ共同】8月に五輪が開かれるブラジル・リオデジャネイロのスラム街アレマン地区で6日、非行防止などのため子どもたちに柔道を教えている警察署に、日本から柔道着や畳などが寄贈された。スポーツを通じた日本政府の国際貢献事業「スポーツ・フォー・トゥモロー」の一環。
 同日行われた式典には2000年シドニー五輪金メダリストである日本男子の井上康生監督らが出席。井上監督らは子どもたちに柔道着を手渡し、その後指導した。寄贈された柔道着を着たライシャ・シャビエルさん(15)は「(20年の)東京五輪に出たいので、たくさん練習します」と話していた。
 井上監督は「柔道は単に勝ち負けのスポーツではなく、人間をつくる競技」と説き、「畳などを寄贈したことで、リオ五輪でブラジル選手が日本人と当たったときは少し加減してほしい」と笑いを誘った。
 寄贈されたのは、全日本柔道連盟が提供した畳80枚と柔道着100着のほか、スポーツ用品大手ミズノ提供の柔道帯50本など。アレマン地区のほか、4カ所のスラム街の警察署に分配される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大分のリオ五輪応援団を歓待=柔道 梅木選手親族ら11人が来伯2016年8月27日 大分のリオ五輪応援団を歓待=柔道 梅木選手親族ら11人が来伯  【イタグァイー発】リオ五輪に出場する柔道女子78キロ級の梅木真美選手(21、大分)を応援するため、故郷の九重町から親族や坂本和昭町長ら、11人の応援団が現地に駆けつけた。13日深夜の帰国便を前に、リオ州リオ市郊外のイタグァイーで歓迎会が行なわれた。  発案は梅木選手の遠戚に […]
  • 南米初の五輪、華やかに開幕=マラカナン周辺は厳戒態勢=「情熱的で素晴らしい式典」2016年8月9日 南米初の五輪、華やかに開幕=マラカナン周辺は厳戒態勢=「情熱的で素晴らしい式典」  【リオ発=小倉祐貴記者】第31回夏季五輪が5日夜、リオ・デ・ジャネイロで華々しく幕を開けた。午後8時から始まった開会セレモニーに対し、会場のマラカナンスタジアム周辺は歩行者も入場制限の対象に。治安やテロへの課題も指摘された南米初の五輪だったが、厳重な警備の下、そうした不安を一 […]
  • 邦人の犯罪被害「9件」=リオ五輪開幕1週間2016年8月16日 邦人の犯罪被害「9件」=リオ五輪開幕1週間  【リオ・デ・ジャネイロ共同】在リオ日本総領事館は12日、リオ五輪が開幕した5日から11日までの1週間に日本人の犯罪被害は強盗やすりなど計9件だったと発表した。総領事館で把握していないケースもかなりあるとみられ、実際の被害はより多そうだ。けがをした人はいないとしている。 内訳は […]
  • 元代表監督、篠原が語る=メダリスト育てた武士道精神=(上)=国外逃亡を覚悟しロス五輪へ=石井以来、悲願のメダル導く2016年6月8日 元代表監督、篠原が語る=メダリスト育てた武士道精神=(上)=国外逃亡を覚悟しロス五輪へ=石井以来、悲願のメダル導く  「リオ五輪でメダル獲得が最も期待されるブラジル柔道界」――今までに獲得した全メダル108個の内、バレー20個に次ぐ19個という実績があれば、そんな見方も当然といえる。元代表監督の篠原正夫(91、二世)は、1984年のロサンゼルス五輪で三つのメダルをもたらし、史上初の金メダリス […]
  • 五輪をテレビで見るには=全部見るならSporTV2016年8月6日 五輪をテレビで見るには=全部見るならSporTV  リオ五輪の地上波生放送はTVグローボ局、バンデイランテス局、レコルジ局が主力。無料で見られるが、人気の高いブラジル代表の中継が中心となる。日本代表の試合中継はそれほど多くない。 その点、全42競技全種目を網羅しているのはスポーツTV(SporTV)だが有料放送。契約が必要。  […]