ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ルーラ前大統領の逮捕を避けるために、連邦政府内で閣僚入りさせようと目論む動きがあるとのうニュースは、9日の伯国を仰天させた。主導者とされるリカルド・ベルゾイーニ大統領府総務室長官は「(ルーラ氏の閣僚入りは)ペレがまたグラウンドに立つようなもの。その姿を見たくない人はいないはずだ」と言い、猛烈に薦めているという。「かつての栄光」が容疑をごまかし、逮捕回避のために使われるという意味の提案だが、その辺りをベルゾイーニ氏はどう考えているのだろうか。そんな例として名前を出されたのではペレも喜べないのでは。
     ◎
 保健省は9日、小頭症と確認された赤ちゃんは6158の症例中745人となり、2日の発表より16%増えた事と、小頭症であるか否かの判断の基準値の変更を発表した。これまでは頭囲が32センチ以下を小頭症としていたが、今後は男児なら31・9ミリ以下、女児なら31・5ミリ以下とする。この基準は37週以上で生まれた赤ちゃんに適用される。比較的最近、33センチから32センチに変更された後だけに「なぜ」と思う人も少なくないだろうが、その時同様、国際基準に合わせたという。妊婦たちの心情やいかに。
     ◎
 9日開催のサッカーのリベルタドーレス杯で、パルメイラスは本拠地アリアンツ・パルケでナシオナル・ウルグアイに1―2で敗れ、マルセロ・オリヴェイラ監督が解任された。後任はクカ氏が有力で、実現すれば、クルゼイロの全国制覇2連覇監督からアトレチコ・ミネイロ南米一の監督へという豪華な交代劇となる。その効果はいかに。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年7月2日 東西南北  6月30日、聖市セントロの労働者党(PT)本部の玄関が、2度にわたる暴力行為で破壊される事態が起きた。最初は未明にガラス戸が叩き割られたが、すぐ後に、破壊行為を行った商人のエミウソン・シャヴェス容疑者(38)が警察に連行された。同容疑者は釈放後の同日午後2時頃、再びPT本部に […]
  • 東西南北2016年6月17日 東西南北  「リオ五輪の前にジウマ大統領の罷免問題決着を」と願っていたテメル暫定政権だったが、弾劾裁判実施か否かを決める上院本会議は8月初旬となった上、トランスペトロ元総裁のマシャド氏のデラソン(報奨付供述)が浮上した。デラソンそのものは、連邦検察庁も「既に極めて多数の証言が集まり、事件 […]
  • 東西南北2018年9月22日 東西南北  21日、ジャイール・ボウソナロ氏は入院先のサンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院からビデオ・メッセージを送り、「体調はかなり良くなった。今月中には退院できそうだ」と語った。今はちょうど、本日付で報じたように、同氏の経済スタッフのパウロ・ゲデス氏のCPMF再導入の疑惑によ […]
  • 東西南北2018年9月14日 東西南北  「大統領選と知事選には注目が行くけど、連邦議員選や州議員選になると、ちょっと…」という人は少なくない。下議や上議、州議の場合、候補者に関する情報や伝達手段も少ないからなおさらだ。12日付現地紙によると、サンパウロ州議選では、長期在任議員が引き続き再選を狙うケースが多いという。 […]
  • 東西南北2018年9月12日 東西南北  ここ数年間、政局が非常に読みにくいブラジル。ここ数日の動きは、とりわけ、国外から予想するのが難しかったのではないだろうか。普通、「支持率で1位の大統領候補が刺傷すれば、支持率は当選に向かって一気に跳ね上がる」と予想するのは自然だ。だが、その前後に何があり、それに対して国民がど […]