ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 逮捕請求が出されていらルーラ前大統領が急遽官房長官に就任することになるというニュースは世界を瞬時にかけめぐった。16日の世界の新聞のサイト速報では、スペインのエル・パイス紙、メキシコのラ・ホルナーダ紙、チリのラ・テルセラ紙がトップ扱いでこれを報じた。アルゼンチンのクラリン紙では2番手記事扱い、米国ニューヨーク・タイムス紙や英国ガーディアン紙でも国際面ではトップの扱いだ。世界の読者は、いくら合法的に進めたことであれ、「逮捕を避けるための閣僚入り」という、一般常識ではなかなか理解が難しい出来事をどう判断するのだろうか。就任予定日の22日までにまだ何か起こりそうだ。
     ◎
 15日に公開されたデウシジオ・アマラル上院議員の報奨付証言には、合計で74人、政治家はその半分の37人の名前があげられているが、その中でもっとも言及の回数が多かったのがルーラ氏で、その頻度は実に186回。続いて多いのがジウマ大統領の72回。2人への言及の多さはアロイージオ・メルカダンテ氏の34回、アエシオ・ネーヴェスの14回、テメル副大統領の11回をはるかに上回っている。
     ◎
 16日、ネット上では、11年1月1日に行われたジウマ大統領の最初の就任式直前に、ルーラ氏が1度ジウマ氏にかけた大統領のたすきをいったん戻して自分にかけなおすシーンが、改めて出回るという珍現象が起きた。今回の官房長官就任内諾を「ルーラ第3政権のはじまり」と見る向きも決して少なくないが、それを象徴する場面ということか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 巴国の今後の課題を探る=知名度を高める努力が必要=小粒な反逆児の潜在力=パラグァイ在住 坂本邦雄2016年7月23日 巴国の今後の課題を探る=知名度を高める努力が必要=小粒な反逆児の潜在力=パラグァイ在住 坂本邦雄  仏ソルボンヌ大学のラテンアメリカ高等研究所の所長で、ヨーロッパのラ米諸国に関心を抱く政財界やマスメディア界のトップ顧問の一人として知られる、ステファン・ウィトコフスキー専門家は、「パラグァイは国際社会でよりその存在感及び知名度を高めるべく努力すべきだ」と言う意見である。 これ […]
  • なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?2018年2月6日 なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?  《アメリカに新しい帝国権力(novos poderes imperiais)はいらない》―エスタード紙(E紙)2日付によれば、米国のレックス・ティラーソン国務長官は先週、6日間でラ米5カ国を外遊するのに先駆けて、そう宣言した。 […]
  • キューバ=Fカストロと中南米=(下)=軍政の反動で左派政権一色に=今後のキューバの風向きは?2016年11月30日 キューバ=Fカストロと中南米=(下)=軍政の反動で左派政権一色に=今後のキューバの風向きは?  25日に逝去したキューバのフィデル・カストロ前評議会議長が中南米に与えた影響をもう少し見てみよう。  90年代にはソ連などの東欧の共産圏が崩壊。共産主義の基盤を大きく失う中、キューバもドル解禁などの対策を余儀なくされた上、難民も後を絶たず、カストロ体制の今後も危ぶまれて […]
  • 東西南北2017年7月14日 東西南北  12日のブラジルは、モロ判事の判決が出た直後から、ルーラ元大統領の話題一色となった。南米だと、アルゼンチンではビデラ氏、ペルーではフジモリ氏の前例があるが、ブラジルで元大統領が有罪判決を受けたのはこれが初めてだ。1930年にはワシントン・ルイス氏がジェツリオ・ヴァルガス氏によ […]
  • 東西南北2016年11月2日 東西南北  今年の全国統一地方選挙で労働者党(PT)が記録的な惨敗を喫したことは今日も様々なメディアで取り上げられているが、10月30日に行われた決選投票時、ルーラ元大統領、ジウマ前大統領の2人は共に、居住地のある地域ではPTの候補が出ていなかったことを理由に投票に行かなかった。ルーラ氏 […]