ホーム | コラム | オーリャ! | 大揺れブラジル政治

大揺れブラジル政治

 歴史に残る「16・3・13デモ」から10日余り、その後の展開の速さに翻訳班はついていくのが精一杯の日々が続いている。
 〃奥の手〃ルーラ氏入閣から、それを阻止すべくモーロ判事による盗聴記録公開、アンチとシンパが交互に行うデモに、最高裁判事によるルーラ氏官房長官就任への〃待った〃とめまぐるしい。「締め切り直前に大きな動きは起こってくれるな」と気をもんでいる。
 アンチとシンパのデモ参加者数で、どっちが多かったかと盛り上がるだけでは、サッカーの勝敗に一喜一憂するファンと変わらない。生活レベルに目を転じれば、医療、治安、不況にインフレと政治家の権力闘争とはかけ離れたところで市民は苦しんでおり、その対策は放置されたままだ。
 どうしたら政治家の汚職を監視できるのか。たとえ大統領罷免が実行されても、この課題もずっとそのままだ。(規)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年4月12日 東西南北  サンパウロ市のジョアン・ドリア市長は今日12日より、韓国のソウルを訪れている。今回も2月に中東の富豪を訪れたのと同様、市内の大型施設民営化やネーミング・ライトの交渉を同国の大手企業に持ちかける意向で、ヒュンダイ、SK、LG、サムスンなど、ブラジルでもなじみの企業をまわる予定だ […]
  • 正念場にたつブラジル=五輪をバネに経済好転の兆し=7月20日=サンパウロ市在住 田中禮三2016年8月10日 正念場にたつブラジル=五輪をバネに経済好転の兆し=7月20日=サンパウロ市在住 田中禮三  一昨年来、石油公社ペトロブラス絡みのスキャンダルが、ブラジル政治・経済の中枢を揺るがす重大な事態を招いている。オリンピック前夜の現在、その後も乱気流の中を漂い続けるブラジルの状況をお届けする。《1》ペトロブラス・スキャンダル ブラジル連邦警察が2014年4月に捜査を始め、「ラ […]
  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]
  • 東西南北2016年3月25日 東西南北  世間をにぎわせているラヴァ・ジャット作戦だが、昨年からの報道を見ていると、真相が発覚する際、知られると恥ずかしいであろうことまで赤裸々にさらされる傾向がある。「国外に秘密口座はない」といいつつ、自身の写真とサインつきの口座の証拠が見つかったエドゥアルド・クーニャ下院議長しかり […]
  • クスタ・ブラジル=ジウマ大統領の側近を直撃=グレイシー元官房長官にも捜査=ペトロロン以外にも進むLJ2016年6月25日 クスタ・ブラジル=ジウマ大統領の側近を直撃=グレイシー元官房長官にも捜査=ペトロロン以外にも進むLJ  【既報関連】23日に行われたラヴァ・ジャット作戦(LJ)の「クスタ・ブラジル」は労働者党(PT)や旧ジウマ政権に大きな衝撃を与えたが、これが政界に示す意味を24日付エスタード紙が報じている。 ルーラ~ジウマ政権で企画相、通信相を務め、重要閣僚の一人だったパウロ・ベルナルド容疑 […]