ホーム | 日系社会ニュース | 56年分の思い分かち合い=ぶらじる丸同船者会に21人

56年分の思い分かち合い=ぶらじる丸同船者会に21人

参加者の皆さん

参加者の皆さん

 1960年3月13日にサントスに着港したぶらじる丸の第5回同船者会が13日、サンパウロ市リベルダーデ区の群馬県人会館で行われた。遠くはパラナ、ミナス州から21人が参加し、旧交を温めた。
 参加者の平均年齢は75・5歳。「終生の地をブラジルに決め、健康で明るい家族が持てた」など自らの半生を振り返りつつ、時折、孫の自慢話をするなどして盛り上がった。
 また同船者の中から農業発展に貢献したとして、ミナス州政府からコメンダドール叙勲章を与えられた者や、2015年度日本国外務大臣表彰に選ばれた者があったという話題でも盛り上がった。
 参加者の一人で、前述の外務大臣表彰者となった松田典仁さん(78、群馬、モジ在住)は「参加した皆が各地でしっかりと活躍していることが印象的だった。農業移民の我々がブラジル社会で高い評価を得られたのは、謙虚さを忘れず、利他の心で勉めてきたからだと思う」と感想を語った。
 参加者らは、「来年の3月13日に元気な姿で再会しましょう」と誓い合い、帰途についた。
     ■
 今後も親睦を深めるため、同船者の方は松田さん(11・4790・4600)まで連絡を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ2017年5月24日 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ  琉球民謡保存会ブラジル支部(城間伸明(のぶひろ)会長)は、『第10回琉球民謡の祭典』を28日午後13時から、同県人会会館(Rua Tomas de Lima, 72, […]
  • レジストロ=中津川姉妹都市38周年=友好の絆深め再会誓う=杉本会長「20年は岐阜へ」2018年10月27日 レジストロ=中津川姉妹都市38周年=友好の絆深め再会誓う=杉本会長「20年は岐阜へ」  レジストロ中津川姉妹都市協会(高橋邦彦会長)が主催する姉妹都市提携38周年、レジストロ日本人入植105周年、日本移民110周年を祝う式典が20日晩、レジストロ文協会館で行われ、約130人が盛大にお祝いした。首都からはサムエル・モレイラ連邦下議、岐阜県中津川市から青山節 […]
  • 移民の父、上塚の生涯描く=演劇「万華鏡~百年物語」=劇団員16人来伯、6日から2018年9月28日 移民の父、上塚の生涯描く=演劇「万華鏡~百年物語」=劇団員16人来伯、6日から  【既報関連】熊本市の劇団夢桟敷(坂本真理代表)は、〃移民の父〃上塚周平の生涯を描いた演劇『万華鏡~百年物語』の公演を、10月6日午後3時からサンパウロ市熊本県人会ホール(Rua Guimaraes Passos, […]
  • グァタパラ入植56年祭=拓魂碑で先人231人弔う2018年8月16日 グァタパラ入植56年祭=拓魂碑で先人231人弔う  グァタパラ農事文化体育協会(茂木常男会長)は「グァタパラ移住地入植56周年祭」を7月14、15両日に同文協敷地内で開催した。初日はモンブカ墓地の「拓魂碑」前で先没者慰霊式を行い、参列者が献花と焼香を行い先人を弔った。  モンブカ墓地で行われた先没者慰霊式は14日の午 […]