ホーム | コラム | 樹海 | 疑わしきは入れ替える?

疑わしきは入れ替える?

 17日に就任したばかりのエウジェニオ・アラゴン法務相が18日、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)に関して「(連警内で)情報漏洩の匂いがする。証拠は不要。部署全員を入れ替える。連警は我々の監督下にある」と語り、物議を醸した▼前任のジョゼ・エドゥアルド・カルドーゾ現総弁護庁長官がルーラ前大統領から「連警をコントロール出来ていない」と批判され続け、連警の捜査が前大統領に及ぶ(3月4日のLJ第24弾)直前に辞任した事は周知の事実だ。カルドーゾ氏は常に「連警や検察庁は独立機関。人道上の問題などがない限り、法務省も口出しできない」としていた。だが、アラゴン氏は「匂いがする」だけで充分で、「自分達ではないと言うなら、誰が漏洩したかを示す明確な証拠を持ってこさせる」とのたもうた▼新法務相はLJの捜査に口を挟むつもりはないと言うが、検察庁副長官を務め、法務相に任ぜられた人物が「連警を入れ替えるのには証拠は要らないが、無実というなら証拠を示せ」という常識はずれな発言をした事は、連警警部らを嘆かせ、諸機関からの反発を招いた▼同相は21日に「連警総監には全幅の信頼を置いており、首挿げ替えの話もない」との文書を出したが、16日に公開された前大統領に関する盗聴記録で、前大統領から「男の仕事をする」事を望まれた人物の就任第1声がこんな内容では、先が思いやられる▼ジルマル・メンデス最高裁判事からも官房長官就任差し止めの暫定令が出たルーラ氏は既に、ジウマ氏の罷免回避のために「影の官房長官」として政界調整をし始めた。折角のLJや国民の抗議行動が骨抜きにされないだろうか…。 (み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州連邦地裁=「就任中の贈物は国の財産」=ルーラ元大統領の主張を却下2017年5月24日 サンパウロ州連邦地裁=「就任中の贈物は国の財産」=ルーラ元大統領の主張を却下  サンパウロ州サンベルナルド・ド・カンポ市の連邦地裁判事が17日、大統領が任期中に外国高官から受け取ったプレゼントは国の財産と見なす判決を下した。  同地裁の判断は、ルーラ元大統領が任期中に他国の首脳や他国の政府要人から受け取った贈物は個人の所有物のはずだと訴えていた件に関し […]
  • 《ブラジル》ルーラ元大統領が6件目の告発受ける=アチバイアの別荘関連疑惑で2017年5月24日 《ブラジル》ルーラ元大統領が6件目の告発受ける=アチバイアの別荘関連疑惑で  パラナ州クリチーバ市の連邦検察ラヴァ・ジャット作戦(LJ)特捜班は23日、既に5件の捜査で被告になっているルーラ元大統領(労働者党・PT)に対し、6件目となる起訴(クリチーバ地裁扱いでは3件目)を行ったと23日付現地紙が報じた。  パラナ州連邦検察は、建設大手オデブレヒト社 […]
  • 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人2018年11月9日 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人  「伯国の“極右”観が他の国と比べてきわめて特殊だ」ということを、コラム子は2日付の当コラムで書いた。そのときは「極右に対しての危機感の欠如」を指摘したが今度は、極右を「正義」だとさえ思っている人が少なくないことを指摘しよう▼「差別主義者的な言動をしておいて何が正義だ」 […]
  • 〝女性の権利〟を叫ぶことがPT支持なのか?2018年10月5日 〝女性の権利〟を叫ぶことがPT支持なのか?  9月最後の週末の動向で、大統領選が極右候補のジャイール・ボウソナロ氏に大いに有利に働いた。追う労働者党(PT)のフェルナンド・ハダジ氏には悪いことが重なり、肝心の支持率は停滞し、逆に拒絶率は45%を誇るボウソナロ氏に一気に近づいた▼ただ、ハダジ氏が今回不利になった要因 […]
  • 大統領選を左右するか「戦略投票」2018年9月25日 大統領選を左右するか「戦略投票」  「Voto […]