ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年5月4日

 日本はゴールデン・ウイークで4月29日の「昭和の日」から始まる連休が続く。安倍首相のロシアや中近東に始まり、麻生副総理ら多くの閣僚も外遊し、北方領土や経済交渉など多くの外交問題に取り組んでいる。国家の運営も昔とは違い2国間協定やTPPのような太平洋国家の結びつきも必要になっている。これまでのような「内向きの政治」だけでは、もう国が滅びてしまうの危うさが強まり、全閣僚が外交の表舞台に出るような時代になった▼そして—きょう5月3日は「憲法記念日」。東京では例年の如く護憲派がデモと集会を開き「憲法を守れ」のシュプレヒコールがこだましたようだが、大手の新聞や通信社の調査では、国民の多数が「改憲派」になっているのは、ご承知の通りである。あの護憲派の共産党も現行憲法の国会審議で第9条が戦争を放棄したのは認めがたいと「反対」の論陣を張ったの記録もあるそうだ▼と、「憲法記念日」になると、改憲いや護憲と騒がしくなるけれども、安倍首相は、96条の「衆参議員の3分の2以上の賛成が必要」を「2分の1以上」に改正し国民に発議すると主張している、自民党は綱領に改憲を掲げているし、維新の会も改憲に賛成している▼これで国会議員の3分の2を確保しており参院選後にも憲法改正の議論が本格化する公算が強い。第9条や国家元首の問題もあり改憲には時間が掛かるだろうけれども、憲法の見直しが迫られているのは否定できない。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか2019年11月15日 ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか  10日に起こったエヴォ・モラレス氏を大統領辞任に追い込んだ、ボリビアのただならぬ異様な雰囲気に包まれたプロテストに、コラム子は戦慄を覚えた。ものすごく怖い思いをした▼今回のプロテストは、当初はエヴォ氏に不利なように思えた。それは同氏が、同国の定める憲法の改憲に失敗した […]
  • 良い知らせを伝える者の足は2019年11月14日 良い知らせを伝える者の足は  4日付の伯字サイトで「良い知らせだけ」というサイト(http://www.sonoticiaboa.com.br/)に関する記事を読んだ。ジャーナリスト歴30年で、殺人や汚職などの悪い知らせばかり報じる内に胃を患い、良い知らせだけ流そうと決めた男性の話だ▼「肉体的な問題ではな […]
  • ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?2019年11月12日 ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?  ブラジル最高裁が7日、「2審有罪で刑執行」派が5対6で「刑執行反対」派に負けた。これを受けてルーラ元大統領が釈放され、世間がざわついている。ムリもない。ところが、グローボTV局はあえて大騒ぎせず、「なにか裏にあるのでは?」とかえって不気味な雰囲気を醸し出している。 […]
  • むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動2019年11月8日 むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動  「ボウソナロ政権は、むしろチリのような民衆暴動が起こってほしいのか」。ここ2週間くらい、同政権からは耳を疑うような言動が連発で、そう首を傾げざるを得ない▼その突破口を切ったのは大統領三男のエドゥアルド氏、そしてアウグスト・エレーノ大統領府安全保障室(GSI)長官の「チ […]