ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ジカ熱=防蚊検査官妨害に遭う=監査を拒否する住民も

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》デング熱での死者が増加=過去21年間で2番目の高さ2020年1月10日 《ブラジル》デング熱での死者が増加=過去21年間で2番目の高さ  2019年のブラジルでのデング熱による死者は、1998年の統計開始後の21年間で2番目に多かったと、9日付現地紙が報じている。  保健省の発表によると、2019年は12月7日の時点で754人がデング熱で亡くなったことが確認されている。これは、2015年の986人に次ぐ、2番 […]
  • 喫煙や飲酒も小頭症を招く=ジカ熱流行前に増加の傾向2018年4月6日 喫煙や飲酒も小頭症を招く=ジカ熱流行前に増加の傾向  サンパウロ総合大学(USP)とマラニョン州連邦大学(UFMA)が2010年に行った調査により、小頭症は喫煙や飲酒によっても起こりうる事や、ブラジルでは2015年のジカ熱流行以前から、国際的な基準より小頭症児の誕生率が高かった事などが明らかになった。  ブラジルでは2015年 […]
  • リオでも麻疹の患者発生=感染知らず多数の人と接触2018年7月5日 リオでも麻疹の患者発生=感染知らず多数の人と接触  【既報関連】ベネズエラ人難民流入で、ロライマ州やアマゾナス州で麻疹(はしか)の流行が起き、約500人の患者発生が確認されているが、リオ州でも、同州連邦大学(UFRJ)の学生らが麻疹(はしか)に感染していた疑いが生じ、同校が予防接種キャンペーンを実施する事にしたと6、7日付G1 […]
  • ジカ熱ワクチン=ブラジルと米国が協力開発=今後は人体での効果確認に2017年9月28日 ジカ熱ワクチン=ブラジルと米国が協力開発=今後は人体での効果確認に  ジカ熱の予防ワクチン開発は人体での効果を確認する段階に入り、米国を訪問中のリカルド・バロス・ブラジル保健相が26日に、ブラジルと米国が今回のテストでも協力する事になったと発表した。  27日付ブラジル国内紙サイトによると、人体でのテストに使うワクチンは、オズワルド・クルス財 […]
  • サンパウロ州、市の、蚊の繁殖抑制対策費が削減=黄熱病流行の下地作った?!2018年2月3日 サンパウロ州、市の、蚊の繁殖抑制対策費が削減=黄熱病流行の下地作った?!  黄熱病などの原因にもなる蚊の対策費用の2017年分支出を、サンパウロ州政府、サンパウロ市役所が共に削っていたことがわかったと、2日付現地紙が報じている。  2017年の保健対策への費用の見積もりは、サンパウロ州で1億9100万レアル、サンパウロ市で1億4300万レアルと、共 […]