ホーム | 日系社会ニュース | 立花体制が始動=日語センター新役員

立花体制が始動=日語センター新役員

 ブラジル日本語センターは19日午後、第28回通常総会を同センターで開催。単一シャッパが承認され、2期4年間理事長を務めた板垣勝秀氏(68、北海道)が退任し、新理事長に立花アルマンド氏(61、二世)が就任した。新役員は次の通り(任期2年、敬称略)。
 【理事会】理事長=立花アルマンド、副理事長=諸川有朋(総務)、高橋正剛(財務)、志村マルガレッテ(教育)、川村真由美(同)、書記=杉浦マルコス、会計=田中栄一
 【評議員会】会長=小松雹玄、第1副会長=坂和三郎、第2副会長=佐藤吉洸、第1書記=栗崎邦彦、第2書記=富田博義
 【監査役会】正監査役=馬場康二、徳力洋子、青木敏枝、監査役補=清原みどり、増渕スミコ、齊藤市美

image_print

こちらの記事もどうぞ