ホーム | 日系社会ニュース | 今日のお言葉=Toma Lá Dá Cá

今日のお言葉=Toma Lá Dá Cá

11日の下院罷免委員会。この攻防の裏には、この言葉が大活躍しています

11日の下院罷免委員会。この攻防の裏には、この言葉が大活躍しています

 あまり品の良いフレーズではありませんが、最近テレビなどで盛んに出てくる言葉です。直訳すると「これをやるから、それをくれ」です。
 政治関係のニュースでは、「○○省の大臣の椅子をやるから、これと引き換えに『大統領罷免反対してくれ』」という取り引きがされている現実を示すのに、この言葉が使われています。
 下院罷免委員会で昨晩、ジウマ大統領を辞めさせようと云う提案が投票されました。もちろん、この1票、1票にこの「トマラ、ダカー」が働いているワケです。
 一見すると「政治的な理念、正義、理想」で一票が動いていると〃誤解〃しがちだが、実際は…。次は、下院本会議での天下分け目の戦いとなりそうですが、そこに向けて水面下では、賛成、反対両派が、さらに必死で自派勧誘工作をしており、今週中に大勢が決まりそうだからなのです。
 このやり方は、キレイ好きの婦人会選挙などには向かないでしょう。ですが、実益優先のブラジル政界をよく示している言葉の様です。(k)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 抗議デモ=日系人も「汚職けしからん!」=パウリスタ大通り20万人声あげる=子や孫のため国良くすべき2016年12月6日 抗議デモ=日系人も「汚職けしからん!」=パウリスタ大通り20万人声あげる=子や孫のため国良くすべき  汚職政治への鬱憤を爆発させた約20万人(ブラジル自由運動=MBL発表、軍警発表では1万5千人)の市民が4日、サンパウロ市パウリスタ大通りに参集し、抗議の声を上げた。シャペコエンセ搭乗機墜落事故で国中が悲嘆にくれるなか、連邦議会で先月30日の真夜中に採決された「汚職防止法案 […]
  • 五輪の現場から=(4)=リオらしいパラリンピックとは2016年9月7日 五輪の現場から=(4)=リオらしいパラリンピックとは  伯国全土が熱狂したリオ五輪の閉会から2週間あまり。独立記念日の本日、パラリンピックが開幕する。  とはいえ、リオですら五輪直後は「さあ、次はパラリンピック!」といった期待感は街に漂っていなかった。むしろ歴史的なジウマ大統領の弾劾裁判の進行に耳目が集まっていた。  だか […]
  • 梅田大使がブラジルに別れ=W杯、外交120周年、五輪経て=「ありがとう」日系社会に感謝2016年10月1日 梅田大使がブラジルに別れ=W杯、外交120周年、五輪経て=「ありがとう」日系社会に感謝  ブラジル離任が発表された梅田邦夫特命全権大使が先月29日、サンパウロ市にある本紙編集部へあいさつに訪れた。2014年3月の着任から2年7カ月。話題の多かった任期中を「激動の時代」と振り返りつつ、「たくさんのご支援を頂いた」と日系社会に対し感謝を伝えた。  サッカーW […]
  • 議員交流に大泉訪問も=日本政府、伯議員らを招待2016年4月21日 議員交流に大泉訪問も=日本政府、伯議員らを招待  下院議員の西森ルイス(PR)、ウィリアン・ウー(PV)両氏、羽藤ジョルジ聖市議(PMDB)など政治経済界のメンバー約30人が先月、日本政府の招待を受け訪日した。18~29日の帰国まで日本各地を巡った。 東京・浅草寺、広島の原爆ドーム、新幹線に試乗し九州も訪れた。22日には、昨 […]
  • 商工会議所=梅田大使が混沌の伯国分析=ZPE社長も登壇、昼食会で2016年6月30日 商工会議所=梅田大使が混沌の伯国分析=ZPE社長も登壇、昼食会で  ブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)の定例昼食会が17日、聖市のブッフェ・コロニアルで開催され約160人が参加した。恒例の講演では梅田邦夫駐伯大使が『これからのブラジル政治経済について』をテーマに伯国の将来を展望した。 梅田大使は冒頭、当地の政治情勢について紹介。「ブラジリ […]