ホーム | 文芸 | 読者寄稿 | 妻の愛したミケの死=マリンガ 園尾彬

妻の愛したミケの死=マリンガ 園尾彬

 亡妻の愛していた猫ミケが、あっけなく死を遂げました。妻の形見だという思いで、10年間いっしょに過ごしてきたミケでした。何の病気も患わず元気だったミケは急に食欲が無くなり、医者には連れて行ったものの、退院後4日目に16年の命を終えました。人間の寿命にすれば、80歳だそうです。
 そうすると私の人生もそろそろ終末に近いことを示唆されます。今この部屋には、先輩にいただいた花の絵のカレンダーが飾られています。花の絵と共に『この花はこの草にしか咲かない。そうだ、私にしかできないことがあるんだ』と書かれています。それを見ながら亡妻のことを思い出します。
 頚動脈閉鎖症にかかり絶対安静を処方された妻が、急に思い立って動物愛護協会に出かけ、好きな子猫をもらいうけ、自分の身辺で飼うことにしたのです。
 3日後に愛護協会の係官が検査訪問に来たとき、部屋に通すと、ベッドの妻の枕辺には幸せそうな顔で身を横たえるミケの姿がありました。即座に係官は飼育合格のサインをしました。妻の話では、大勢の子猫の中で「わたしを連れて行って」と皆を掻き分けながら近寄ろうとしたのがミケだったそうです。
 妻は私にとって大切な人でした。サンパウロで知り合い結婚を約束し、移住事業団リオ支部への転勤後、伯法で定められた転勤に関する昇給は無く、不満を抱く同僚と共に退職し、2か月ほど無職で絶望的な状況でしたが、ニテロイの日系企業に拾われ、そこで何とか生活を立てました。
 このような最悪の経済状況の中で、彼女は「自分も働くから大丈夫」と夫婦共稼ぎでの結婚に踏み切ってくれたのでした。その3か月後、200ドルの月給で働かないかという大使館からの話があり、働き始めて1か月後、大使不在中だったこと、過去に転職が多かったことで、180ドルしか払えないという決定がありました。それを屈辱的と反応する私を慰留し、その後、その恥辱に耐えようと大学での勉強を決意した私を懸命に支えてくれたのが妻でした。
 そんな苦労を共にした妻の最後の6年間を慰めてくれたのがミケだったのです。妻亡き後、常に私のそばでミケは私を癒してくれました。私同様、決して人に媚びを売るような様子は無く、それでも「そばにいるよ」と尻尾を私の足元に触れながら自分の存在を示してくれました。ミケにしかできないことだったのです。
 さて、一老移民にすぎない私にできることは何なのか、そんなことを考えます。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 薬草・健康=サンパウロ 吉野功努雄2016年10月26日 薬草・健康=サンパウロ 吉野功努雄  今日では薬草や野菜類が健康に良いと、ブラジルの雑誌などにも沢山書かれており、非日系人の間にもだんだん知られ普及してきたようです。  この薬草ですが、誰にでも効くものと、人によっては効かないものがあるようです。自分に合わないと思ったら、色々試して合うものを見つける必要があると […]
  • イグアスーの滝、2人旅(2)=サンパウロ 平間浩二2016年6月16日 イグアスーの滝、2人旅(2)=サンパウロ 平間浩二  暫く走ってから比較的大きなカーブに差し掛かった時、船長は突然、急カーブを切った。あわや転覆するのでは・・・と驚愕した瞬間、今度は全員が波しぶきを全身に浴び悲鳴を上げた。 船長は2、3度この恐怖のサービスを繰り返した。いよいよ滝の下に近づくにつれ、徐々に滝しぶきが強くなってきた […]
  • 「拝啓、Aさんお元気ですか?」=ジアデマ 松村滋樹2016年8月19日 「拝啓、Aさんお元気ですか?」=ジアデマ 松村滋樹  ブラジル事情に詳しくて、いつも新聞や実業雑誌に投稿されていたAさん。街でお会いすると、いつも向こうから声を掛けて来られ「元気ですか」と挨拶される。私の人生の師であった。 […]
  • イグァスーの滝、2人旅(1)=サンパウロ 平間浩二2016年6月8日 イグァスーの滝、2人旅(1)=サンパウロ 平間浩二  カルナバルが終り、その週の日曜日(2月14日)に2人でイグァスの滝を見に行くことにした。私は一度会社の旅行で行っているが、家内と一緒に行くのは今回が初めてである。旅行社は『CVC』で、全国的なネットワークを持つ格安の有名大手旅行社である。「カルナバル済て2人の旅路かな」 集合 […]
  • 2世第1号の人=ジアデマ 松村滋樹2016年6月8日 2世第1号の人=ジアデマ 松村滋樹  珍しく早起きして、ソファで血圧を計っていると電話がなった。早朝に電話がなるのはお葬式の話と決まっているので、恐る恐る受話器を取る。「オレオレ。未だ寝てた?」アチバイアのMさんだった。 「聞いて驚くなー」人をビックリさせるあの独特の抑揚。同船者で病気の人って誰だっけ?それとも元 […]