ホーム | 日系社会ニュース | トヨタ=新型エティオス2017発表=他社苦戦のなか存在感強める=占有率8.6%達成の牽引役
発表されたエティオス2017
発表されたエティオス2017

トヨタ=新型エティオス2017発表=他社苦戦のなか存在感強める=占有率8.6%達成の牽引役

 競合欧米他社が軒並み苦戦を強いられるなか、存在感を強めるトヨタ自動車。それを象徴するように19日、聖州モジ・ダス・クルーゼス市内ホテルで「エティオス2017」新車発表会を行なった。エティオスは2012年から投入された小型車種で、今回の新型では燃費改善された新型エンジン、六段階手動変速機やトヨタ・スマート・スクリーンといった多機能搭載型液晶パネルなどが採用された。今月28日から販売開始で、年間販売目標を10万8千台と見込んでいる。

 昨年度同期と比較すると、2016年1月―3月期には自動車産業全体が28・6%縮小している。その中でトヨタは1%の成長を遂げ、市場占有率8・6%を記録した。特にエティオスは突出しており、昨年同期比12%増となった。
 大統領罷免問題といった政治危機、為替変動や回復兆しのない経済など取り巻く環境は依然として厳しい。だが、ブラジルトヨタ・近藤剛史社長は「昨今の経済不況の中でも、売上・販売台数は保っており、流動的な経済情勢に対応できる準備がある」と説明した。
 世界戦略における伯国の位置づけについて、「伯国では10人あたりの自動車保有数は1・6台であり、伸びる余地はまだ大きい。コスト競争力を高め、ラ米地域に向けた輸出拠点としたい」とスティーブ・セイント・アンジェロ・ブラジル最高経営責任者は意気込んだ。
 エティオスは、セダンタイプ及びハッチバックタイプが2012年9月より伯国で販売開始されたが、「トヨタがブラジルでこんなに安価で簡素な自動車を販売するのは初めてだ」と当初は顧客からの〃厳しい評価〃に晒された。近藤社長は、「エティオスは新興国向け世界戦略車として投入されたが、事前の市場調査や伯国向け商品企画のコンセプトが全て甘かった」と当時を振り返る。
 しかし、顧客から寄せられた様々な要望に対して、真摯に耳を傾け、改善に改善を重ねてきた。2013年には、クロスオーバーエティオスを追加し、品揃えを拡充。シート表皮変更やシートハイトアジャスター採用など、商品改良を重ね、販売台数を徐々に伸ばしてきた。
 「販売店・サテライト店を強化することで顧客の利便性向上に努め、現地での営業・エンジニア・商品企画の連携が強化された」ことが、厳しい経済状況のなかでもトヨタが地域社会に根ざし、躍進を遂げている秘訣と言えそうだ。
 伯国経済の見通しはまだ厳しい。だが「クルマづくりを通じて地域社会に貢献する」との創業以来の理念のもと、ブラジル経済復興の牽引役となることを目指している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ブラジル三井住友保険=進出50周年、450人が祝う=柄澤本社社長「まだ成長の余地ある」2015年10月23日 ブラジル三井住友保険=進出50周年、450人が祝う=柄澤本社社長「まだ成長の余地ある」  三井住友海上火災保険のブラジル上陸50周年を記念したカクテルパーティーが21日夜、開催された。原敬一ブラジル三井住友海上火災保険代表取締役、アメリカ三井住友海上火災保険の兼好克彦会長、梅田邦夫駐伯日本国大使、ブラジル保険会社協会ホッシー・マルコ会長など関係者ら約450人が出席 […]
  • トヨタ=新型エティオスを輸出開始=南米で4カ国目ペルーへ=国内販売に加え輸出も伸長2016年7月16日 トヨタ=新型エティオスを輸出開始=南米で4カ国目ペルーへ=国内販売に加え輸出も伸長  伯国を製造拠点として、中南米カリブ地域への市場進出に攻勢を強めるトヨタ自動車。今年、4月に販売開始となった新型「エティオス2017」のペルーへの輸出開始を記念して、今月12日、同車種の製造拠点であるソロカバ工場で記念式典を行った。伯国から南米地域への輸出は、13年アルゼンチン […]
  • ジェトロ聖所長交代=南米勤務13年目の大久保氏2015年10月16日 ジェトロ聖所長交代=南米勤務13年目の大久保氏  日本経済産業省が所管する独立行政法人・日本貿易振興機構(ジェトロ)サンパウロ事務局の所長が5日より、前任の石田靖博氏(56、東京)から、大久保敦氏(50、群馬)に交代した。 石田氏は2年半の勤務を「中国経済の減速と共に、ブラジル経済も影響を受ける激変の時期にあった」と振りかえ […]