ホーム | コラム | オーリャ! | 上々ラーメンは今が食べ頃?

上々ラーメンは今が食べ頃?

 「部下1人をしばらく残し、私は適宜、確認に訪れたいと思います」。上々ラーメンの商品開発に尽力した日本のプロが帰国前にそう語ったとき、真っ先に不安が頭をよぎった。
 開発したラーメンはまさに〃上々〃の出来栄え。店は4日、無事営業を始めた。まったくラーメンを知らない伯人を雇用し、麺の作り方を一から教えた。
 ただ従業員に任せっきりでは、せっかくの味が維持できない可能性も。そうなら実に惜しい。とはいえ自分の店が東京にあるため駐在は不可能だ。
 プロは「日系人が生産する食材をふんだんに取り入れた。移住者の貢献なくして再現できなかった日本の味。歴史を感じながら味わってほしい」と一言。コロニアという隠し味も含まれるだけに、味が〃現地化〃する前、値上がり前に味わってみては。(祐)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ラーメン戦争の隙間をぬえ!2016年5月26日 ラーメン戦争の隙間をぬえ!  「休日・祝日のみ営業。しかも冬季限定オープン」という一風変わったラーメン店『エスパッソ・バルガス』ができた。現役を引退し余裕のできた時間を使い、大のラーメン好きということで習得した技術を活かして、店主はこの企画を思いついたという。 趣味を仕事にする豪快さもさることながら、〃ラ […]
  • 移住2カ月目、感動の食材2015年8月25日 移住2カ月目、感動の食材  家族で移り住んで2カ月目のコラム子が驚いたのは、当地の食材で作る料理が大好評なことだ。〃適当〃に調理しても家族が喜んで食べる。日本では無かったことだ。これは一体どうしてか。 東京の弓田亨というパティシエ(菓子職人)によると、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素が豊富な食材ほど、 […]
  • 新だるま=懐かしい祖母の味、妥協しない日本食=著名な料理人や非日系人も来店2019年3月8日 新だるま=懐かしい祖母の味、妥協しない日本食=著名な料理人や非日系人も来店  聖市メトロのアナ・ホーザ駅から歩いて5分以内の好立地にある「新だるま」。70年代にパウリスタ界隈のサンカルロス・ド・ピニャル街に創立し、約35年前に現在地に移った老舗レストランだ。以来、「おばあちゃんの味が食べられる」と日本人や日系人から愛されてきた。最近は、非日系人が上手に […]
  • 第8位=ラーメンブーム真っ盛り?=聖市内で3店舗が営業開始2016年12月27日 第8位=ラーメンブーム真っ盛り?=聖市内で3店舗が営業開始  8位に選んだのはサンパウロ(聖)市内で続々と開店したラーメン業界から。専門店としてラーメン・アスー(プラッサ・ダ・アルボレ)、上々ラーメン(パライーゾ)、モモ・ラーメン(リベルダーデ=東洋街)が営業を開始した。  しかも、どの店も特色が異なる。アスーはトメアスー出身の日系人 […]
  • Uber=サンパウロ市で料理配達サービスを開始=高級店と提携し、ビジネスチャンス掴む2016年12月15日 Uber=サンパウロ市で料理配達サービスを開始=高級店と提携し、ビジネスチャンス掴む  インターネットのタクシー配車サービスUberが、13日にブラジルで食品宅配のUberEats(UE)のサービスを開始した。  同サービスは今のところ、サンパウロ市内中心部に限定されているが、タクシーを利用するのと同じやり方、「インターネットで申し込み、支払う」で、宅配での食 […]