ホーム | コラム | オーリャ! | オーリャ!

オーリャ!

 製造業に従事している熊本の友人から「こちらの企業も仕事を再開しはじめた」という連絡をもらった。余震が少なくなってきて、県内のパナソニック工場などが操業を始めた。一時は18万人を超えた避難所の人数も2万人以下に減った。
 今後、復興が進んでいるというニュースが増えるだろうが、「熊本はもう大丈夫」と視聴者が思い込んでしまう危険性も潜んでいる。東日本大震災のときも同じ構図があった。
 家屋崩壊などの財産喪失に加え、肉体的にも精神的にも傷ついた人は大勢いる。復興が始まっても家屋が元に戻るわけでも、傷が治るわけでもない。
 これからは被災地のことを思い出させるのも、ひとつの支援となるだろう。伯国の日系団体関係者には、熊本地震のことを忘れないよう、長きにわたって式典挨拶などで言及してほしい。(将)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2013年3月12日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2013年3月12日  東日本大震災被災者を含む高校生平和大使4人が、市内のタカシ・モリタ学校を8日に訪れた。とある生徒は、講演前に流された津波が町をのみこんでいく映像を指し、「これはもう見る必要がないと思う」と語った。 […]
  • コラム オーリャ!2014年3月29日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年3月29日  震災から3年、人々の震災に対する関心が薄れている。全国社会福祉協議会によると岩手、福島、宮城へのボランティア人数は、2011年5月、約18万人だったのに対し、今年2月は約4500人と40分の1に減少していると聞く。  一方、地球の反対側の […]
  • コラム オーリャ!2014年3月14日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年3月14日  「元通りにすれば良いわけではない」。東日本大震災で被災した関係者は復興の難しさをこう表現する。県内外に避難して時間が経ち、帰郷を強く望む住民が減ったとの報を耳にすると、復興の困難さを実感する。  被災県が「本格復興推進年」と位置づけた本年 […]
  • 在聖総領事に野口氏=10月中旬着任の予定2017年9月7日 在聖総領事に野口氏=10月中旬着任の予定  在聖総領事館の総領事として、野口泰氏(51、山口)が10月中旬の予定で着任することが明らかとなった。 […]
  • 移民110周年に向け発進!=皇室ご訪問に高まる期待=(7)=東京五輪視野に日本式野球2017年2月24日 移民110周年に向け発進!=皇室ご訪問に高まる期待=(7)=東京五輪視野に日本式野球  全伯最強と目されるマリリア文化体育協会の野球チームには、JICAボランティアから、史上初という元プロ野球選手の指導員が派遣されている。元中日ドラゴンズ所属の與浦幸二さん(46、岩手県)だ。  東日本大震災で出身地である岩手県釜石市が大津波で甚大な被害を受けたことをきっかけに […]