ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 4月に発生した熊本地震を受けて、天皇皇后両陛下が19日に被災地を訪問される見通しとなった。日本国中が被災地を心配しており、伯国でも熊本県人会に多数の支援金が送られている。また熊本県出身者に対して、「身内は大丈夫だったか」と気遣う向きは多い。そこで編集部では、特に被害の大きい益城地方を中心に、同県出身者の声を集めている。心当たりのある方は編集部(11・3340・6060、担当=久保)までご一報を。
     ◎
 『朝蔭』438号が4月に発行された。<葡萄出荷終り破れ帽壁に吊る>(山下志げこ)はブドウの里ピニャールらしい一句。<ブラジルを愛せし亡父はジャッカ好き><死ぬ前に川蟹の脳(ミソ)食べたしと>(松田寒山)という連作も食の対比が見事。<でこぼこの鍋持ち並び鰯買う>(吉崎てい子)も清く質素な生活感が溢れる。<両国旗高く掲げて運動会>(中塚洋街)からは子供たちの楽しそうな歓声が聞こえてくる。<鶏魂の碑に供養する秋日和>(和田貴美子)も養鶏が盛んだったリベイロン・ピーレスの往事を伺わせる。<透明にこくあるツクナレ刺身かな>(伊津野静)には思わずヨダレ。<終業し帰る乙女等野分去る>(谷内恭子)からは、バストスのBRATAC絹工場の若い女性社員が帰り道、秋の突風が吹き抜ける草原を通る情景が想像される。
     ◎
 東洋街のパステル店「YOKA」がリフォームし、雰囲気はほぼ変わらないが、清潔感のある内装になった。改装中は同ビルの1階で臨時営業。狭い階段を上るためやや入りづらい雰囲気だったが、路面店に戻ったことで再び活気づいている。そういえばラーメン和も7日まで改修していたばかり。外食産業も不況真っ只中ではあるが、意外にも日系の両店は景気が良い?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年8月20日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長)=兵庫県神戸市所在=会報『ブラジル』984号(7月発行)を見ていたら、駐日ブラジル全権大使のエドゥアルド・パエス・サボイア氏の着任挨拶がでていた。来年は東京五輪の年であるのと同時に、在日ブラジル人にとっては「コミュニティ30周年」の記念の年だとか。1 […]
  • 大耳小耳2019年7月26日 大耳小耳  ブラジル日系熟年クラブ連合会の機関誌『ブラジル老荘の友』545号を見ていたら、羨ましい話が出ていた。毛利ペドロさんの投稿によれば、妻と二人で金婚旅行に日本45日間めぐりをしたという。下関でフグ料理、富山でホタルイカ、宮城県の松島ではイカやカキ、北海道の函館ではタラバガニやイク […]
  • 大耳小耳2019年6月25日 大耳小耳  あるぜんちな丸で南米に渡った日本人移民を半世紀にわたり記録したドキュメンタリー番組の「完全版」が、日本時間の26日午前0時45分から3夜連続で、NHKの衛星放送(BS1)で放送される。1968年に南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」が放送され、その後も移 […]
  • 大耳小耳2019年6月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』第474号が4月に刊行された。《春雷の一喝に雨上がりたる》(秋村蒼一郎)からは、昔風の「怖いオヤジ」のような自然への畏敬と敬愛が感じられる。《老いの掌に三度叩きて蚊を逃す》(杉本三千代)には、電撃ラケットをお薦め。鈍る動きを文明で補う? 《人家埋めダムも決壊秋出水 […]