ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | Sabesp=ボーナス見直しで純利倍増=12日から水道代調整も

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年7月21日 東西南北  今年の秋の異常乾燥で、カンタレイラ水系の水位の危機が再び叫ばれるようになってきた。20日午前9時現在の水位は41・2%まで下がっている。乾季はまだ続くので、30%台に落ちるのはほぼ間違いない。また、水位もさることながら、気になるのはここのところの雨量だ。同水系への降水は4月に […]
  • アウキミンは「ブラジル政界の徳川家康」か?2017年12月8日 アウキミンは「ブラジル政界の徳川家康」か?  来年10月の大統領選挙は、汚職裁判で出馬失格の危険性のある中、国民の圧倒的な支持率を元に突っ走る元大統領のルーラ氏(労働者党・PT)と、「反ルーラ、反PT」の支持を集める極右候補のジャイール・ボルソナロ氏の一騎打ちのような様相を現時点では見せている。だが、まだ選挙本番 […]
  • カンタレイラのボンベ、北東部へ=サンパウロ州の水危機救った立役者2016年12月29日 カンタレイラのボンベ、北東部へ=サンパウロ州の水危機救った立役者  ジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事は26日、水不足対策として、貯水池の取水口より低い位置にあり、通常は利用できない予備の水(未開の水域)の水を吸い上げるために設置したポンプを、干ばつに悩む北東部のパライバ州とペルナンブッコ州での水不足解消のために貸し出す契約を締結し […]
  • サンパウロ州水問題=罰金とボーナス5月に廃止=危機終息は時期尚早の声も2016年3月29日 サンパウロ州水問題=罰金とボーナス5月に廃止=危機終息は時期尚早の声も  ジェラウド・アウキミンサンパウロ州知事(PSDB・民主社会党)の「水危機収束宣言」から3週間もしない内に、サンパウロ州水道公社(Sabesp)が、水を節約した消費者への料金割引と、過剰に消費した場合の罰金を5月から廃止することをサンパウロ州上下水道エネルギー規制機関(Arse […]
  • 被災地はまだ〃泥沼〃の中=サンパウロ州を襲った豪雨から3日=5年前の教訓活かされず2016年3月16日 被災地はまだ〃泥沼〃の中=サンパウロ州を襲った豪雨から3日=5年前の教訓活かされず  【既報関連】10日から11日に大サンパウロ市圏を襲った大雨は計25人の死者を出したが、大雨から3日経っても復旧には程遠い被災地の様子や、サンパウロ州が公約した治水対策が遅々として進まない様子を14、15日付伯字紙、サイトが報じた。 カイエイラス市のローゼ・ソウザさん(49・商 […]