ホーム | イベント情報 | 来月5日から移民祭=モッカの移民博物館で

来月5日から移民祭=モッカの移民博物館で

 聖州移民博物館と文化局共催の『第21回移民祭』が来月5日と11、12の両日、聖市モッカ区の同博物館(Rua Visconde de Parnaiba, 1316, Mooca)で開催される。
 日系をはじめ伯国へ移民してきた40カ国以上のコミュニティーが参加する大型イベントで、昨年は2万人以上の来場者で賑わった。
 移民博物館と言えば、サントス港から登録手続きや荷物検疫のために移民たちが一時滞在した縁の地。そこで41カ国の各国料理、31カ国の工芸品が販売され、45の団体が民族舞踊や音楽などを披露する。
 「世界の調味料」と題したスペースでは、モザンビークのバジアやインドのサモサなど、民族料理の調理方法を実演紹介するほか、各国の歴史を学べる体験スペースもある。
 開場は午前10時から午後5時まで。入場料6レアル。
 問い合わせは同博物館(11・2692・1866)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ2017年5月24日 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ  琉球民謡保存会ブラジル支部(城間伸明(のぶひろ)会長)は、『第10回琉球民謡の祭典』を28日午後13時から、同県人会会館(Rua Tomas de Lima, 72, […]
  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • フルート奏者・紫園香さん=無料コンサートを8箇所で開催2018年8月24日 フルート奏者・紫園香さん=無料コンサートを8箇所で開催  ブラジル日系キリスト教連盟はフルート奏者の紫園(しおん)香さんを招聘し、無料コンサートを実施する。今月25日から9月9日まで聖市、サントス市、ソロカバ市の8箇所で行う。  紫園さんはヨーロッパやアジア諸国など国外での公演経験を多く持ち、慈善活動としてケニアの学校で音 […]
  • ■今週末の催し2009年8月14日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2009年8月14日付け 土曜日  ビラ・カロン沖縄県人会「おきなわ祭り」、正午、同会館前運動場(Pca. Haroldo Daltro, s/ n)     □ […]