ホーム | イベント情報 | 来月5日から移民祭=モッカの移民博物館で

来月5日から移民祭=モッカの移民博物館で

 サンパウロ州移民博物館と文化局共催の『第21回移民祭』が来月5日と11、12の両日、サンパウロ市モッカ区の同博物館(Rua Visconde de Parnaiba, 1316, Mooca)で開催される。
 日系をはじめブラジルへ移民してきた40カ国以上のコミュニティーが参加する大型イベントで、昨年は2万人以上の来場者で賑わった。
 移民博物館と言えば、サントス港から登録手続きや荷物検疫のために移民たちが一時滞在した縁の地。そこで41カ国の各国料理、31カ国の工芸品が販売され、45の団体が民族舞踊や音楽などを披露する。
 「世界の調味料」と題したスペースでは、モザンビークのバジアやインドのサモサなど、民族料理の調理方法を実演紹介するほか、各国の歴史を学べる体験スペースもある。
 開場は午前10時から午後5時まで。入場料6レアル。
 問い合わせは同博物館(11・2692・1866)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 安慶名栄子著『篤成』(23)2021年6月12日 安慶名栄子著『篤成』(23)  みつ子は回復するや否や、すぐにジュキアー市の学校に入学しました。友達が一人いましたので、2人して約10キロの道を毎日歩いて学校へ行くようになりました。  その頃すでに13歳になっていた私は、隣に住んでいる人に裁縫の基礎の型紙や布の切り方、ワンピースの縫い方などを教えて頂きま […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(22)2021年6月11日 安慶名栄子著『篤成』(22)  当時、恒成は「へいや」という名の通った新聞社に入社する事が出来ました。そこで仕事をしたおかげで日本語の読み書きが一層磨かれ、流暢な日本語を使えるようになりました。そして夜間学校では自動車工学を学んでいました。  父は兄に農民になってほしくなかったのでした。頭がよく、漢字まで […]
  • 《記者コラム》ボルソナロの軍への復讐2021年6月8日 《記者コラム》ボルソナロの軍への復讐  3日にリオで、エドアルド・パズエロ陸軍中将(前保健大臣)がボルソナロ大統領の支持者の集会で壇上に上がって挨拶したことが、「軍人はいかなる政治活動にも関与してはならない」という軍規律への違反にあたるのではと軍部で審議され、最終的に無罪放免になった件に関し、各界から「危険 […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(20)2021年6月8日 安慶名栄子著『篤成』(20)  私たちの人生は新しいお家、新しい日課の始まりで一変しました。  午前中にはブラジルの学校へ行き、授業が終わると皆で駅まで走り、汽車が通るのを見るのが好きでした。  いつも同じ時間に、とてもハンサムな盲目の青年がブロンドヘアの2人のきれいな女性と一緒に駅の前を通りかかるので […]
  • 《ブラジル》陸軍がパズエロにまさかの未処分=バイク・デモへの参加問題で=総司令官更迭の二の舞恐れ?=「軍の無政府化」恐れる声も2021年6月5日 《ブラジル》陸軍がパズエロにまさかの未処分=バイク・デモへの参加問題で=総司令官更迭の二の舞恐れ?=「軍の無政府化」恐れる声も  陸軍は3日、現役の陸軍中将でありながら、軍の規則に違反してボルソナロ大統領支持のデモに、マスクも着けずに参加したとして処罰が予想されていた、エドゥアルド・パズエロ前保健相に対して処分を行わないことを決めた。これをめぐり、軍に対し、強い批判の声が飛んでいる。3、4日付伯 […]