ホーム | コラム | オーリャ! | 日本語学習を次世代へ

日本語学習を次世代へ

 先日、ブラジル日本会議の懇親会を取材に行ったところ、「一世高齢化や人口減少によって、次世代にどう日本の心を繋げていくか」といった危機感がひしひしと伝わってきた。とりわけ、日本語世界は消滅しつつあると危惧している。
 日本の心を学ぶには、日本語を習得することが本来であれば一番だ。日本語でなければ感じ取ることのできない繊細な味わいや機微を多分に含んでいる。言語には、その国の深い歴史や国民性が反映されるという。
 オーリャ子の通うアリアンサの日本語クラスでは、日本に関心を持った非日系人も熱心に学んでいる。身の回りに日本語話者のいない生徒が、漢字や会話で日本語を学べるゲームを一年間かけて開発し、紹介していた。
 伯国には、先人のこれまでの努力の賜物で、日本文化が至る所に根付いている。非日系人も含めて幅広く働きかけるのが、日本の心をより広める近道だろう。(航)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新機関誌で日本文化普及する日文連2016年11月23日 新機関誌で日本文化普及する日文連  アリアンサの新しい機関誌「JAPAN GO」(ポ語)。誌名は「日本語」と「日本へ行く(英語GO)」と掛け、伯人スタイリストによる日本の服飾界の紹介や日本人のラーメンの食べ方、日系企業社員が語る外国語習得者の就職活動の可能性など、各分野の日本関連情報を提示する。  若者の日本 […]
  • 日本語勉強のキーワード=「競争」&「ブーム」2016年1月30日 日本語勉強のキーワード=「競争」&「ブーム」  「かるたは日本語学習にも有効です!」。先日の講習会に来伯した専門家がそうアピールした。「百人一首は、ひらがなさえ読めれば誰でもできるから」というのが理由らしい。 とは言っても和歌は古文。内容を理解するのは難しい。一見敷居が高そうだが、セミナーを取材して少し納得した。字面で文字 […]
  • 日本語センター=二世、立花氏が新理事長に=ブラジル学校経営者で初=板垣勝秀氏は2期で退任2016年3月29日 日本語センター=二世、立花氏が新理事長に=ブラジル学校経営者で初=板垣勝秀氏は2期で退任  ブラジル日本語センターの「第28回通常総会」が19日午後、同センターで開かれた。単一シャッパが承認され、2012年から2期4年間理事長を務めた板垣勝秀氏(68、北海道)が退任、新理事長に立花アルマンド氏(61、二世)の就任が決まり、新体制が発足した。二世理事長としては96年に […]
  • 日本語学習の効果?=躾も身に付いたロレンゾ君2016年1月30日 日本語学習の効果?=躾も身に付いたロレンゾ君  子供に早期外国語教育を施したい両親にとり、聖市は様々な選択肢のある街だ。日本語、スウェーデン語、オランダ語までも学ぶ事ができる。 聖市中央にあり、幼稚園から高校までの一貫教育を行っているサンベント校は、児童、生徒の2割が中華系であるため、外国人の生徒のためのポルトガル語のクラ […]
  • 秋篠宮両殿下=JICA青年らとご懇談=各地での奮闘に感心される2015年11月14日 秋篠宮両殿下=JICA青年らとご懇談=各地での奮闘に感心される  【既報関連】10月末から12日間当地に滞在された秋篠宮同妃両殿下は同28日午後、聖市内ホテルで各地に派遣中のJICAボランティアと懇談された。日本語教師、介護など様々な方面で奮闘中の58人に対し、両殿下は一人ひとりの声に耳を傾けられた。 青山将之さん(30、静岡)は「現職教員 […]