ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | リオ=ジカ熱研究の資料が盗難に=細菌学の権威の空港で被害

こちらの記事もどうぞ

  • 聖州でも小頭症を確認=全国の症例1761件に2015年12月9日 聖州でも小頭症を確認=全国の症例1761件に  【既報関連】保健省が8日、12月5日現在の小頭症の事例は1761件で、小頭症児死亡例19件とジカウイルス(ジカ熱)との関係も調査中と発表したと同日付伯字紙サイトが報じた。 新生児の頭囲は通常34センチ以上だが、32センチ以下(7日改訂、従来は33センチ以下)だと、脳の容量が小 […]
  • 東西南北2016年6月17日 東西南北  「リオ五輪の前にジウマ大統領の罷免問題決着を」と願っていたテメル暫定政権だったが、弾劾裁判実施か否かを決める上院本会議は8月初旬となった上、トランスペトロ元総裁のマシャド氏のデラソン(報奨付供述)が浮上した。デラソンそのものは、連邦検察庁も「既に極めて多数の証言が集まり、事件 […]
  • 喫煙や飲酒も小頭症を招く=ジカ熱流行前に増加の傾向2018年4月6日 喫煙や飲酒も小頭症を招く=ジカ熱流行前に増加の傾向  サンパウロ総合大学(USP)とマラニョン州連邦大学(UFMA)が2010年に行った調査により、小頭症は喫煙や飲酒によっても起こりうる事や、ブラジルでは2015年のジカ熱流行以前から、国際的な基準より小頭症児の誕生率が高かった事などが明らかになった。  ブラジルでは2015年 […]
  • 米州のジカ熱はブラジル発=ウイルスの遺伝子で系統図2017年5月25日 米州のジカ熱はブラジル発=ウイルスの遺伝子で系統図  2015~16年に流行し、ブラジルだけで20万人以上の患者が確認されたジカ熱は、小頭症児の誕生などの問題も引き起こした上、少なくとも10カ国に広がった。  ブラジルのジカ熱ウイルスがどこから持ち込まれてきたかは定かではないが、研究者のグループが、米州大陸で確認されたウイルス […]
  • 《ブラジル》小頭症児の4割は未婚母から=保健省の調査で明らかに2017年2月2日 《ブラジル》小頭症児の4割は未婚母から=保健省の調査で明らかに  ジカ熱の流行と共に国内で大量に発生した小頭症児の内、4分の1は母親が10代で出産していた事が明らかとなった。1日付エスタード紙が報じている。  保健省のデータによると、15年11月~16年9月に生まれた小頭症児3152人中、24%にあたる768人は10代の母親から生まれてい […]