ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■80年代の伯国バレー界を牽引 今井庸浩さん

■訃報■80年代の伯国バレー界を牽引 今井庸浩さん

今井庸浩さん

今井庸浩さん

 伯国バレー界への顕著な貢献が認められ、第53回パウリスタ・スポーツ賞に輝いた今井庸浩(のぶひろ)さんが29日午前9時25分、聖市内の病院で動脈瘤により亡くなった。享年72。
 東京都出身。69年にヤシカ海外遠征で来伯した。当時今井さんがマネージャーやコーチを務めたヤシカは、「東洋の魔女」の中心メンバーを輩出していた日紡貝塚の258試合の公式戦連勝記録を止めた(66年8月)。
 その後も日本バレーボール協会の駐在員として再来伯し、全伯各地でバレーボールの指導を続けた。83年にヤシカを退社後、再びブラジルに戻り、バレー指導者として本格的な活動を再開。
 86年から94年までは企業チームのバネスパのコーチに就任。92年バルセロナ五輪男子金メダルの主力メンバーの多くを育成、現在に続く黄金期を支える人材を育てた。
 通夜は聖市ヴィラ・マリアーナ墓地(Av. Lacerda Franco, 2012)で24日午前10時から午後16時まで、葬儀は17時から行われる。初七日法要は未定。

image_print

こちらの記事もどうぞ