ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 サンパウロ日伯援護協会のリベルダーデ医療センターは、5月に無料でインフルエンザ予防接種を実施する予定だったが、ワクチン不足のため「中止」となった。各地で流行したため、援協にワクチンが届かず、「延期」が発表されていた。同医療センターの渡辺ワシントンさんによると、日伯友好病院にあったワクチンもすでに在庫が無いという。寒暖の差が激しい折だけに、罹らないように体調管理に気をつけて。
     ◎
 15日に行なわれた、ブラジル健康体操協会の創立10周年イベント。会場となった文協大講堂は満員となり、入り口に置かれた熊本大震災への募金箱の前では、お札を入れる姿が頻繁に見られた。集まった募金は約5370レアル。22日にイビラプエラで開催された九州ブロック運動会にて、同協会の川添会長が熊本県人会の田呂丸哲治会長へ手渡したとか。たくさんの人の厚意が今、県人会に集まっている。浄財の送金を実施したら、ぜひ広くコロニアに報告を。
     ◎
 『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)の209号が5月に発行された。<議員様庶民の税でよく肥り>(那須アリセ)、<目が弱りだんだん書く字でかくなり>(大矢のぶ子)、<悪びれず開き直った汚職族>(荒井花生)、<時計屋で時間が買えるなら買うが>(藤倉澄湖)、<指定席決まらず冥土へ行きそびれ>(堀内のぼる)、<囲碁は打つ将棋は指すと教えられ>(角谷博)、<小言まで親父そっくり似る息子>(青井万賀)、<知らないということを知る八十路かな>(鞠井べる)など、独特の感性が光る作品ばかり。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ごあいさつ2018年1月3日 ごあいさつ 謹んで新年のお慶び申し上げます=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。  海外最大の日系人集団地ブラジルは、節目の移民110年周年を迎えました。  県 […]
  • ■訃報■木原好規2019年1月30日 ■訃報■木原好規  和歌山県人会で長年会長を務めてきた木原好規さんが28日、癌のため亡くなった。享年82。葬儀は29日、市内アルピーナ火葬場で行われた。  木原さんは和歌山県紀の川市出身で、1960年に渡伯した。竹中商会に長年務め、和歌山県人会では05年から5期10年にわたって会長を務 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも2018年11月2日 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも  若干22歳、初出馬でなんと46万5310票も集めて連邦議員にみごと当選した話題の日系人、キム・カタギリさん(22、三世)を10月24日に取材した。サンパウロ州選出の連邦下議の中では4番目だ。このような新しい〃大波〃によって下院議員全体の3分の2が入れ替わった。ジョルナ […]