ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 サンパウロ日伯援護協会のリベルダーデ医療センターは、5月に無料でインフルエンザ予防接種を実施する予定だったが、ワクチン不足のため「中止」となった。各地で流行したため、援協にワクチンが届かず、「延期」が発表されていた。同医療センターの渡辺ワシントンさんによると、日伯友好病院にあったワクチンもすでに在庫が無いという。寒暖の差が激しい折だけに、罹らないように体調管理に気をつけて。
     ◎
 15日に行なわれた、ブラジル健康体操協会の創立10周年イベント。会場となった文協大講堂は満員となり、入り口に置かれた熊本大震災への募金箱の前では、お札を入れる姿が頻繁に見られた。集まった募金は約5370レアル。22日にイビラプエラで開催された九州ブロック運動会にて、同協会の川添会長が熊本県人会の田呂丸哲治会長へ手渡したとか。たくさんの人の厚意が今、県人会に集まっている。浄財の送金を実施したら、ぜひ広くコロニアに報告を。
     ◎
 『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)の209号が5月に発行された。<議員様庶民の税でよく肥り>(那須アリセ)、<目が弱りだんだん書く字でかくなり>(大矢のぶ子)、<悪びれず開き直った汚職族>(荒井花生)、<時計屋で時間が買えるなら買うが>(藤倉澄湖)、<指定席決まらず冥土へ行きそびれ>(堀内のぼる)、<囲碁は打つ将棋は指すと教えられ>(角谷博)、<小言まで親父そっくり似る息子>(青井万賀)、<知らないということを知る八十路かな>(鞠井べる)など、独特の感性が光る作品ばかり。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2018年2月28日 大耳小耳  22日付ポ語ニュースサイトによると、伯国の映画配給会社「サトウ・カンパニー」(佐藤ネルソン代表、聖州バルエリ市)がブラジル日本移民110周年を機に、伯国で最も有名な日本の特撮ヒーロー「ジャスピオン」の映画を制作することになったと発表した。すでに東映株式会社から制作許可を得てお […]
  • 大耳小耳2016年5月11日 大耳小耳  読者から「入れ歯(dentadura)を上手に作る歯医者を紹介してほしい」との連絡があった。なんでも「今までに聖市で2、3人ほど上手な人がいたが、年配でみな亡くなってしまった」とのこと。「聖市内で30年以上やっていて上手な人」との希望だ。日本語が出来る、入れ歯の上手なお薦めの […]
  • ムーディーズなどがJBSの格付下げる=汚職と司法取引の報道で=ブラジルの引き下げも検討中?2017年5月24日 ムーディーズなどがJBSの格付下げる=汚職と司法取引の報道で=ブラジルの引き下げも検討中?  3大格付会社のムーディーズとフィッチが22日、世界一の食肉会社JBSの格付を引き下げたと22、23日付ブラジル国内紙やサイトが報じた。  これは、ブラジルのメディアが17日に、同社社主のジョエズレイ&ウエスレイ・バチスタ兄弟らが司法取引を行ったと報じた事が発端だ。JBSは連 […]
  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]