ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 5月30日から31日朝にかけて降った雨の影響で、月末に入ってサンパウロ州の降水が追い込みを見せた。カンタレイラ水系にはこの1日で約9ミリの雨が降り、100ミリ直前まで迫る97ミリの月間降水量を記録。11年ぶりの3桁台にこそ乗らなかったものの、それでもこの10年では最も雨の降った5月となった。4月のサンパウロ州が超乾燥状態となり、月間降水量わずか4ミリで終わったときは今後どうなるかと思われたが、巻き返した形となった。現在の水位は未開の水域の29%分込みで66%。平年なら6月は5月よりも降水量が減るが、雨がちと予想される今週中の雨に期待したいところ。
     ◎
 5月29日にサンパウロ市パウリスタ大通りで行われたゲイ・パレードは主催者発表で300万人、軍警発表で19万人が集まり、盛況だった。市警・軍警が合同で発表したところによると、パレード中の犯罪は合計12件で、6件が窃盗、2件が強盗、残りは器物破損や軽い怪我だった。だが、数年前ならよく聞かれたような、同性愛者差別に基づく暴力の報告は特になかった。テメル大統領代行憎しで一致団結して、差別どころの話ではなかったか。
     ◎
 サッカーのセレソンの五輪代表が、リオ五輪前の最後の親善試合として、開催4日前の7月30日に、日本代表と試合を行うことが決まった。場所はゴイアニアで16時30分キックオフとなる。大きな大会前の直前の親善試合というのは「調整」の意味合いも込められがちだが、そこで日本代表が奮起して、一泡吹かせるような試合を見せてくれるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 今年のブラジル10大ニュース=1位はJBSショック=テメルの不人気と疑惑に揺れる=メンデス判事らも話題に2017年12月27日 今年のブラジル10大ニュース=1位はJBSショック=テメルの不人気と疑惑に揺れる=メンデス判事らも話題に  2017年最後の号ということで、今日はこの2017年のブラジル国内面をにぎわせた10大事件を編集部が独自に選んだ。ジウマ大統領の罷免やリオ五輪があった16年ほどではないが、今年もブラジルでは様々なことが起きた。  まず1位は5月のJBSショックだろう。テメル政権下で […]
  • 東西南北2017年10月27日 東西南北  既に報じているとおり、テメル大統領の2度目の告発は回避された。ただ、大方がこの結果を予想できていたため、世間にはそれほど大きなインパクトをもっては迎えられていない。その証拠に、グローボ局は放送予定を変更して、9時のノヴェーラの代わりに生放送で下院での投票の様子を伝えていたが、 […]
  • ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」 リオ五輪後の〃大掃除〃 【深沢】さあ、久しぶりに『ざっくばらんに行こう』座談会です。 […]
  • 東西南北2016年12月2日 東西南北  11月29日以来、悲劇に見舞われたシャペコエンセに対する全世界のサッカー関係者からの激励は止まらない。11月30日もレアル・マドリッドがチーム一丸となって追悼を表した他、ウルグアイのストライカー、カバーニはPSGの試合中にユニフォームを脱ぎ、アンダーシャツに書いた「フエルサ( […]
  • 東西南北2016年10月26日 東西南北  昨日付本欄で報じた、大サンパウロ市圏グアルーリョスの空き家で約20年ぶりに発見されたアルマンド・ベゼーラ・デ・アンドラーデさん(36)をめぐって、さらに不可解な事態が進行している。父親のアマンシオさんは市警の取調べに応じ、そこで、「息子は1997年に麻薬中毒になって以来、路上 […]