ホーム | 日系社会ニュース | ビジネスコラム=PwCブラジル=第9回=PwC会計事務所とは=坂間カロリーナ(クライアント・アカウント・エグゼクティブ)

ビジネスコラム=PwCブラジル=第9回=PwC会計事務所とは=坂間カロリーナ(クライアント・アカウント・エグゼクティブ)

 会計事務所と聞くと会計帳簿の記帳、税務申告書の作成など、町の中の会計事務所の業務は皆さん良くご存知ではないかと思います。今回は、新聞やニュースなどで見かける「国際会計事務所」について少しご紹介しようと思います。
 現在、世界的に展開する会計事務所は「PwC」「DTT」「KPMG」および「E&Y」が世界4大会計事務所(Big4)として知られています。これらの国際会計事務所は、グローバル企業、上場企業および非上場企業などへの会計、監査、税務およびコンサルティングといった様々な専門性の高いプロフェッショナルサービスを提供しています。
 現在ではBig4と呼ばれ、世界的に展開する会計事務所として周知されていますが、1970年代には、8大会計事務所(Big8)が存在し、規模の拡大を図り、その後は、5大会計事務所(Big5)となりました。2000年代に入り、アーサーアンダーセンがエンロンの会計不正事件に関与したされたために解散を余儀なくされたことから、現在はBig4となっています。
 今回は、Big4のひとつであるPwC(PricewaterhouseCoopers)の組織にご紹介したいと思います。
 PwCは現在、世界157カ国に20万8千人以上のスタッフを有する国際会計事務所であり、世界各国のPwC事務所との強固なネットワークにより、クロスボーダーの案件を世界各地でサポートする体制を有している会計事務所です。
 ブラジルでは、PwCブラジルとして国内16ヵ所に事務所を有し、5千人以上のスタッフを有するPwCのメンバーファームとして100年以上の歴史があり、大きく分けて3つのサービスラインがあります。
 「アシュアランス」「税務」及び「アドバイザリー」のサービスを提供しているブラジル国内でも最も周知された最大級のファームのひとつです。
 各サービスラインには、各産業分野(自動車、テクノロジー、エンターテイメント、製薬など)におけるプロフェッショナルと長年蓄積してきた経験を有し、卓越したソリューションを提供し、クライアントに対する会計・監査、税務およびアドバイザリー業務を提供している会計事務所です。
 PwCブラジルには、ジャパンデスクを設置して、日本企業のクライアントがブラジルで事業展開する際に障壁となる、ビジネスカルチャーやコミュニケーションを日本語で支援できるプロフェッショナルが勤務しています。

アシュアランス

 アシュアランスとは、保証業務を提供するラインであり、主に会計監査や会計アドバイザリー業務を提供しています。この業務提供におけるメソドロジーはPwCグローバルのメソドロジーが採用されており、世界各国のPwCと同様のポリシーおよび手続きを実施することにより国際的な水準の業務提供を可能にしています。

税務

 税務とは、法人・個人の税務申告の作成支援の他、税務調査対応や税務リスクマネジメント、税務デュー・ディリジェンスに係るアドバイス業務を提供しており、また国際税務、移転価格税制対応、組織再編に係る税務コンサルティングなど、PwCグローバルネットワークを駆使したサービスなども提供するラインとなっています。

アドバイザリー

 アドバイザリーとは、戦略立案や潜在するリスク分析を行い、フルデューデリジェンス(コーポレートファイナンス、税務、財務及ビジネスデューデリジェンス)等事業展開の支援業務や案件の発掘から実行面でのバリュエーション、交渉支援及び案件の価値向上、M&Aや事業再生・再編を通じてクライアントにとって、より最適なディール及び価値創造ができるような支援を行います。その他、多種多様なコンサルティング業務の提供を行うラインとなっています。
【問い合わせ連絡先=カロリーナ坂間、carolina.sakama@br.pwc.com▼日本語可】(この記事は、一般情報の提供を主たる目的としていますので、個別ケースに対する専門的見解としてご利用頂けない場合がございます。)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 中南米邦字紙の研究を=JICAが論文を募集中2019年11月6日 中南米邦字紙の研究を=JICAが論文を募集中  (独)国際協力機構(JICA)は「JICA海外移住懸賞論文」を創設し、中南米の邦字紙と日本人移住に関する論文を現在募集している。  懸賞論文のテーマは「中南米地域の邦字新聞を活用した日本人移住に関する諸研究」で、副題の設定は自由。入賞者には賞金が最大20万円授与される。 […]