ホーム | 日系社会ニュース | ペルー大統領選=2候補の差さらに縮まる=地方・在外票が勝敗左右か

ペルー大統領選=2候補の差さらに縮まる=地方・在外票が勝敗左右か

 【リマ共同】5日に行われたペルー大統領選決選投票は7日も開票が続き、選挙管理当局の発表によると、開票率97・1%時点でクチンスキ元首相(77)が得票率50・14%と、アルベルト・フジモリ元大統領(77)の長女ケイコ・フジモリ氏(41)の49・86%をわずかにリードしている。両者の差はさらに縮まった。
 フジモリ氏が強いとされる地方の票の集計は都市部より遅れている。選管当局幹部によると、在外投票の集計もこれから本格化するといい、地方票と在外票が勝敗の行方を左右しそうだ。選管は、開票率が100%に達するのは週末との見通しを示している。
 在外投票の結果について、地元メディアは6日、調査会社の非公式集計の結果として、クチンスキ氏の得票率が約52・8%でフジモリ氏の約47・2%を上回ったと報じた。国外の有権者は全有権者の約3・9%とされるが、投票率は国内より低い傾向にある。
 フジモリ氏は6日夜、首都リマ市内の選挙事務所前で記者団に「私たちは慎重に(結果を)待つ」と落ち着いた様子で話した。フジモリ氏と会った国会議員は「フジモリ氏は地方の票に自信を持っている」と語った。
 地元メディアによると、クチンスキ氏は6日、リマ市内の自宅バルコニーに姿を見せ、フジモリ氏との差が縮まっていることについて「予期していた」と強調。「公式結果を待たなければならない。在外票が残っている」と述べた。
 クチンスキ氏の第1副大統領候補ビスカラ氏は6日、クチンスキ氏は選管当局の公式結果が出るまで公の場で発言しないとの見通しを示した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 在聖総領事に野口氏=10月中旬着任の予定2017年9月7日 在聖総領事に野口氏=10月中旬着任の予定  在聖総領事館の総領事として、野口泰氏(51、山口)が10月中旬の予定で着任することが明らかとなった。 […]
  • フジモリ元大統領入院=舌の痛みなど訴え2016年9月21日 フジモリ元大統領入院=舌の痛みなど訴え  【リオ・デ・ジャネイロ共同】在任中の人権侵害事件で禁錮25年の刑に服しているペルーのフジモリ元大統領(78)は18日、腫瘍の手術を受けたことがある舌の痛みなどを訴えて首都リマの病院に入院、検査を受けた。矯正当局者が明らかにした。 […]
  • 移住百周年の調査に協力を!=和歌山が初期移民とコーヒー求む2017年3月9日 移住百周年の調査に協力を!=和歌山が初期移民とコーヒー求む  和歌山県人会(谷口ジョゼ眞一郎会長)が10月29日に行う『県人移住100周年記念式典』に先立って、初期移民や県系人が栽培するコーヒー豆を探している。 […]
  • フジモリ元大統領恩赦申請=ペルー、実現は困難か2016年7月26日 フジモリ元大統領恩赦申請=ペルー、実現は困難か  【リオ・デ・ジャネイロ共同】ペルーのカテリアノ首相は23日、在任中の人権侵害事件で禁錮25年の刑に服しているフジモリ元大統領(77)が法務省に人道的恩赦を申請したことを明らかにした。 ペルーでは28日にウマラ大統領が任期満了で退任し、クチンスキ元首相(77)が新大統領に就任す […]
  • 写真展から伝統芸能まで=沖縄、創立90周年盛大に2016年8月24日 写真展から伝統芸能まで=沖縄、創立90周年盛大に  今年、創立90周年を迎えたブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長)は、写真展、芸能祭、式典をという3つの記念事業を企画した。  『写真展』は28日から聖州議会(Av. Pedro Alvares Cabral, […]