ホーム | 文芸 | 刊行 | 『蜂鳥』

『蜂鳥』

 句集『蜂鳥』330号が発行された。
 「蜂鳥集」より3句、「母国語で語れば楽し雨季ごもり」(田中美智子)、「ジカ熱に五輪もかすむ国の秋」(山根敦枝)、「豊穣の朝日輝く胡椒園」(西朋子)。
 エッセイには、「イグアスの滝二人旅」(平間浩二)、同じ敗戦国であるが故の感情を吐露した「ナチス将校との出会い」(笹谷蘭峯)ほか、長年求めた懐かしきレコードをようやく見つけた「遣稿より 夜の調べ」(富重かずま)など。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『ピンドラーマ』3月号2016年3月10日 『ピンドラーマ』3月号  コジロー出版社のブラジル情報誌『ピンドラーマ』3月号が発刊された。 全身缶ビールで覆われたカーニバル衣装の写真(千葉康由さん撮影)に「ジカ熱狂想曲」「ブラジル経済 2016年本格始動」、恒例のサッカー、グルメ、イベント情報も掲載。 日系書店、日本食店などで配布中。問い合わせは […]
  • 《ブラジル》デング熱での死者が増加=過去21年間で2番目の高さ2020年1月10日 《ブラジル》デング熱での死者が増加=過去21年間で2番目の高さ  2019年のブラジルでのデング熱による死者は、1998年の統計開始後の21年間で2番目に多かったと、9日付現地紙が報じている。  保健省の発表によると、2019年は12月7日の時点で754人がデング熱で亡くなったことが確認されている。これは、2015年の986人に次ぐ、2番 […]
  • リオでも麻疹の患者発生=感染知らず多数の人と接触2018年7月5日 リオでも麻疹の患者発生=感染知らず多数の人と接触  【既報関連】ベネズエラ人難民流入で、ロライマ州やアマゾナス州で麻疹(はしか)の流行が起き、約500人の患者発生が確認されているが、リオ州でも、同州連邦大学(UFRJ)の学生らが麻疹(はしか)に感染していた疑いが生じ、同校が予防接種キャンペーンを実施する事にしたと6、7日付G1 […]
  • 大耳小耳2018年5月31日 大耳小耳  米国出身の演歌歌手ジェロさん(36)が今月12日、音楽活動の無期限休止を自分のブログで発表した。紅白にも出場し話題となったが、米ボストン大大学院修了しコンピューター関係の仕事に就くことにしたという。一方、ブラジル出身の演歌歌手エドアルド(34)は今月発売のカラオケ雑誌に記事が […]
  • 喫煙や飲酒も小頭症を招く=ジカ熱流行前に増加の傾向2018年4月6日 喫煙や飲酒も小頭症を招く=ジカ熱流行前に増加の傾向  サンパウロ総合大学(USP)とマラニョン州連邦大学(UFMA)が2010年に行った調査により、小頭症は喫煙や飲酒によっても起こりうる事や、ブラジルでは2015年のジカ熱流行以前から、国際的な基準より小頭症児の誕生率が高かった事などが明らかになった。  ブラジルでは2015年 […]