ホーム | コラム | オーリャ! | 柔道家・篠原正夫の強さの秘密

柔道家・篠原正夫の強さの秘密

 元代表監督、柔道家・篠原正夫さんの凄さは、どんなに厳しい指導を受けても「当たり前のこと」と忍耐強く受け入れたところにありそうだ。とりわけ厳しい指導を受けたはずだが、本人からは体験談をほとんど聞き出せなかった。
 後に、第三者から普通に往復ビンタなどの〃指導〃が行われていたおの逸話を聞いた。今では不可能だろうが、当時は選手も指導者も当然のことと思っていたのだろう。
 息子準一さんへの指導についても同様。「大会で息子が負けた翌日は、早朝に準一を叩き起こして憤慨しながら稽古した」。そのエピソードも妻や娘から聞いたもの。当の本人はあっけらかんとしていた。
 そんな息子も今となっては立派な代表監督。リオ、東京、さらにはその先の五輪へ。しごきで武士道精神を伝えることは難しい時代になったとはいえ、彼から次世代へ継承させてほしい。(祐)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「移民柔道ここにあり」2016年7月22日 「移民柔道ここにあり」  サンパウロ州サンジョゼ・ドス・カンポス市は〃柔道の聖地〃かもしれない。というと言い過ぎだが、強豪地域であることは間違いない。2大会連続で五輪選手を輩出しているからだ。 過去にこの地で指導した恩村ルイスによって強くなったと聞いて、なるほどと思った。彼は石井千秋さん以来となる柔道 […]
  • 「自分を高めるスポーツ」を応援する賞2016年6月18日 「自分を高めるスポーツ」を応援する賞  パウリスタ・スポーツ賞の受賞者ほぼ全員が、経歴書に「競技を通し多くのことを学んだ」「支えてくれる全ての人に感謝する」と書いている。現役を退いた後、多くが指導者になっている。競技を通して苦しい練習に耐えて忍耐、勤勉さを身につけ、それを後進に伝えているわけだ。 柔道家ハラダ・ロベ […]
  • パウリスタ・スポーツ賞貰うと五輪に近づく?2016年6月24日 パウリスタ・スポーツ賞貰うと五輪に近づく?  創設から早60年―。体育振興を願って始まったパウリスタ・スポーツ賞がまた一つ節目を迎えた。たかがコロニア表彰とあなどるなかれ。後のブラジル代表も輩出するなど歴史には重みがある。 合併した98年以降だけを見ても、仲尾次オスカル投手や大相撲の魁聖といった現役選手から、五輪柔道初の […]
  • 「あっ、日本経済新聞のことですか?」2015年5月30日 「あっ、日本経済新聞のことですか?」  「ニッケイ新聞、読んでおります」。これは日本の柔道講道館・上村春樹館長からの言葉。「あっ、日本経済新聞のことですか?」とお約束の返しをしたが、「もちろんブラジルの、です」と答えてくれた。 来伯した10人の有段者も同様で、14年2月の柔道連載『強化・普及の源流を探る』に目を […]
  • 冷静に金メダル狙う知花選手2016年3月18日 冷静に金メダル狙う知花選手  日本式の教育を受けて日系人としての自尊心を持つ子弟は、まじめでおとなしく、慎重な人柄であることが多い。複数の日系スポーツ選手の取材を通して、彼らもまったく同様であることに驚いた。 日本のプロ野球界に入るとか者、五輪に出て世界と戦う者――。勝負の世界にいるはずなのに、謙虚な彼ら […]