ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | リオ五輪=モットーは「新しい世界」=メダルなども環境面に配慮

こちらの記事もどうぞ

  • パラリンピック=開会式の予定一部公表=人間性など強調するものに2016年9月3日 パラリンピック=開会式の予定一部公表=人間性など強調するものに  7日午後5時半から始まるパラリンピックの開会式について、その一部が2日に公表された。  開会式のセレモニーを担当するデザイナーのフレッジ・ジェリー氏らを迎えた会見では、種々の困難を乗り越えてきた各選手の歴史と彼らの持つエネルギーを会衆に伝える事に焦点を合わせる事や、ソチ […]
  • リオ五輪=放棄された施設の遺産化は?=有効利用に苦慮する政府=継続支援を訴える選手も2017年8月8日 リオ五輪=放棄された施設の遺産化は?=有効利用に苦慮する政府=継続支援を訴える選手も  世界を熱狂させたリオ五輪の開幕から1年。遺産としてリオに残るはずだった競技施設が有効活用されていない状況、また大会後にそれまでの経済的支援を打ち切られ、競技継続にも苦しんでいる選手たちの様子を5、6日付現地紙・サイトが報じた。 […]
  • 五輪=聖火が遂にリオの町に=市長も自らリレーに参加=ローマ法王のメッセージも2016年8月4日 五輪=聖火が遂にリオの町に=市長も自らリレーに参加=ローマ法王のメッセージも  リオ五輪開催を2日後に控えた3日、リオ州を巡回中の聖火が一時的にリオ市を通過。エドゥアルド・パエス市長もニテロイ市から届いた聖火を受け取った後にリレーに参加、ローマ法王もメッセージを送るなど、本番直前の興奮が高まっていると3日付G1サイトなどが報じた。 リオ州での聖火リレーは […]
  • オリンピックの日に選手村紹介=村長はバスケのジャネッチ2016年6月24日 オリンピックの日に選手村紹介=村長はバスケのジャネッチ  国際オリンピック委員会が開設された事で「オリンピックの日」と命名された6月23日、リオ・デ・ジャネイロ市ではリオ五輪のための選手村が一般公開された。 最大17階までの建物31棟からなる七つのコンドミニアムには3604のアパートがあり、五輪期間中は1万7千人、パラリンピックの期 […]
  • 発表されたリオ五輪のアイコンマーク(Rio 2016)2014年8月6日 リオ五輪のアイコン完成=陽気なブラジルを表現  2016年リオ五輪開幕までちょうど2年となった5日、五輪のビジュアル・アイデンティティ(企業や商品のイメージを統一して、書体やマークなど視覚的なものによって、そのイメージを表現すること)のマークが発表され、同日朝のニュース番組「Bom dia […]