ホーム | 日系社会ニュース | 初のお話発表会を開催=ノロエステ日語普及会第一地区

初のお話発表会を開催=ノロエステ日語普及会第一地区

参加者の皆さん

参加者の皆さん

 ノロエステ日本語普及会第一地区(松崎広美会長)は先月15日、第1回となる『お話発表会』をリンス慈善文化体育協会(ABCEL)で開催した。日本語による発表を通じた、有望な社会人への成長を目的としたもので、老若の日語学習者が舞台で奮闘した。
 初めにノロエステ日本語普及会第一地区書記の安永ルイスさんの司会で黙祷、日伯両国家斉唱が行われた。
 続いてABCELの母倉幸雄副会長、ノロエステ日本語普及会の中場マサ子会長、ノロエステ日伯連合会の白石一資名誉会長らが祝辞を述べる。一同とも、生徒減少により閉校が相次いでいる中、新たな同発表会の開催を祝い、日伯両国の掛け橋となる人材輩出を期待した。
 7~74歳まで24人の日語校生徒が、日常生活や自己紹介、また日本での経験などをテーマに発表。学校に入学したばかりの生徒や、初めて日本語で発表するブラジル人学習者も多数見られたが、1人終るごとに温かい拍手が贈られた。
 途中、発表者の緊張をほぐす目的で魚釣り大会も実施。賞品が出されることもあり、釣り堀となったABCELの大プールで皆、暑さを忘れて釣り競った。
 閉会式で中場会長は「初舞台の発表者も堂々と発表できた」と称え、「弛むことなく日本語学習に励んでほしい」と言葉を贈った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 学習者の3分の1が非日系?!=質的な変化とげる日本語教育=増える初等中等教育の生徒2019年2月9日 学習者の3分の1が非日系?!=質的な変化とげる日本語教育=増える初等中等教育の生徒  2014年には2万人を切っていた全伯の日本語学習者が、わずか3年間で3080人も増え、2017年には2万2993人になっていたことが、国際交流基金サンパウロ日本文化センター(洲崎勝所長)の調べで分かった。また全学習者の3分の1が非日系人になっている可能性があり、その分 […]
  • 大失敗?! 四世受入れ制度=目標4千人なのに、まだ数人…=(上)=「年齢、帯同不可は厳しすぎ」2018年12月14日 大失敗?! 四世受入れ制度=目標4千人なのに、まだ数人…=(上)=「年齢、帯同不可は厳しすぎ」  「日本文化を習得する活動等を通じて日本に対する理解や関心を深め、日本と現地日系社会との懸け橋となる人材を育成する」ことを目的とし、7月から施行された日系四世受入れ制度。開始から5カ月経ったが、同制度による査証発給数は1桁を超えていないようだ。来年3月までに4千人の日系 […]
  • 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室2018年12月1日 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室  日本語学校のスポーツが好きな13~17歳の生徒が参加する『聖南西青空スポーツ教室』(聖南西教育研究会主催)が11月15日、ピラール・ド・スール文化体育協会のグランドで開催された。  年に5つある生徒参加地区行事の中でも、12月に行われる林間学校とともに生徒がとても楽 […]
  • 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表2018年11月9日 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表  第9回ブラジル三州パラグアイ交流日本語お話大会が10月27日、パラナ日伯文化連合会で開催された。パラナ日伯文化連合会主催、パラナ日本語教育センター実施、在クリチバ日本国総領事館、国際交流基金後援。  今大会ではパラグアイの日本語学校は欠席となったが、パラナ州から8校 […]
  • ■ひとマチ点描■くまモン、次はいつ?2018年11月7日 ■ひとマチ点描■くまモン、次はいつ?  人気者くまモンを歓迎のために、ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)では、1時間も前から日本語学習者の子供や青年ら100人が集まり、くまモン体操の練習に汗を流していた。 […]