ホーム | 日系社会ニュース | 初のお話発表会を開催=ノロエステ日語普及会第一地区

初のお話発表会を開催=ノロエステ日語普及会第一地区

参加者の皆さん

参加者の皆さん

 ノロエステ日本語普及会第一地区(松崎広美会長)は先月15日、第1回となる『お話発表会』をリンス慈善文化体育協会(ABCEL)で開催した。日本語による発表を通じた、有望な社会人への成長を目的としたもので、老若の日語学習者が舞台で奮闘した。
 初めにノロエステ日本語普及会第一地区書記の安永ルイスさんの司会で黙祷、日伯両国家斉唱が行われた。
 続いてABCELの母倉幸雄副会長、ノロエステ日本語普及会の中場マサ子会長、ノロエステ日伯連合会の白石一資名誉会長らが祝辞を述べる。一同とも、生徒減少により閉校が相次いでいる中、新たな同発表会の開催を祝い、日伯両国の掛け橋となる人材輩出を期待した。
 7~74歳まで24人の日語校生徒が、日常生活や自己紹介、また日本での経験などをテーマに発表。学校に入学したばかりの生徒や、初めて日本語で発表する伯人学習者も多数見られたが、1人終るごとに温かい拍手が贈られた。
 途中、発表者の緊張をほぐす目的で魚釣り大会も実施。賞品が出されることもあり、釣り堀となったABCELの大プールで皆、暑さを忘れて釣り競った。
 閉会式で中場会長は「初舞台の発表者も堂々と発表できた」と称え、「弛むことなく日本語学習に励んでほしい」と言葉を贈った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室2018年12月1日 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室  日本語学校のスポーツが好きな13~17歳の生徒が参加する『聖南西青空スポーツ教室』(聖南西教育研究会主催)が11月15日、ピラール・ド・スール文化体育協会のグランドで開催された。  年に5つある生徒参加地区行事の中でも、12月に行われる林間学校とともに生徒がとても楽 […]
  • サンタクルス病院で日本語講座=「おもてなし」130人が学ぶ2018年8月17日 サンタクルス病院で日本語講座=「おもてなし」130人が学ぶ  サンパウロ市のサンタクルス病院(石川レナト理事長)は6日から、職員を対象に日本語講座を始めた。日系人・日本人の患者のために日本語を習得することが目的。テーマを「おもてなし」とし、日本式の応対法も指導する。  講座のテーマは「おもてなし」。日本語学習を通じて日本式の応 […]
  • 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表2018年11月9日 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表  第9回ブラジル三州パラグアイ交流日本語お話大会が10月27日、パラナ日伯文化連合会で開催された。パラナ日伯文化連合会主催、パラナ日本語教育センター実施、在クリチバ日本国総領事館、国際交流基金後援。  今大会ではパラグアイの日本語学校は欠席となったが、パラナ州から8校 […]
  • 和歌山県=子弟の県内就職を支援へ=仁坂知事発案、活躍に期待=来年から県人会が応募受付2018年1月27日 和歌山県=子弟の県内就職を支援へ=仁坂知事発案、活躍に期待=来年から県人会が応募受付  和歌山県庁と世界の在外和歌山県人会が連携して、2019年2月から日系人子弟の県内企業への就職支援という珍しい取り組みを始める。県人会子弟のキャリアアップ、県内企業の優秀な人材確保などが目的。対象者は業務に関する科目を専攻した大卒者、就職までに大学卒業見込みの県人会子弟 […]
  • 110周年作文コンクール授賞式=ブラジリア日本語普及協会=山田大使「日本語は重要な懸け橋」2018年7月26日 110周年作文コンクール授賞式=ブラジリア日本語普及協会=山田大使「日本語は重要な懸け橋」  首都のブラジリア日本語モデル校の講堂で6月30日午前、「ブラジル日本移民110周年記念作文コンクール授賞式」が行なわれた。式典には、受賞者5人を含め約170人が参加した。  ブラジリア日本語普及協会(AELJB、三分一貴美子理事長)の主催で行われた同コンクールにブラ […]