ホーム | 日系社会ニュース | 元バスコ古庄さんが指導=サンパウロ市アレグリア・フットサル

元バスコ古庄さんが指導=サンパウロ市アレグリア・フットサル

古庄さん

古庄さん

 日本人、日系人を対象としたフットサル教室「アレグリア・フットサル」が指導内容を一新。元プロ選手で、日本サッカー協会のコーチライセンスを持つ古庄亨さんが指導に当たり、出張教室も行なう。
 フットサルは5人制のサッカーのような球技。以前の日本人代表者が帰国したため休眠状態にあった同教室を、自身が引き継いだ。古庄さんは24歳の時、日本人ゴールキーパーとして初めてブラジルでプロ契約し、バスコ・ダ・ガマ(リオ)に所属した。その後も日本のペスカドーラ町田、タイのチョングリ・ブルーウェーブを渡り歩いた。
 フットサルを始める子どもを「ブラジルの大会に出してあげたい」という古庄さん。指導は毎週日曜日、サンパウロ市の広島県人会(Rua Tamandare, 800, Liberdade)で行なう。小・中学生を対象とした、試合形式の教室となる。
 小学3年までが午前9~10時半、小学4年~中学3年が午前10~12時。参加費は1人40レアル、兄弟や姉妹2人は70レ。毎月の最終週は父親も参加でき、親子対決も可能。
 ほかに出張での個人指導、そして2~10人の団体指導も行なう。会場など応相談。
 今後、平日の指導(送迎つき)、女性のダイエット指導、成人対象の教室なども開講していくという。
 問い合わせは同教室(電話=11・99545・5261、メール=alegria.futsal.brasil@gmail.com)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ