ホーム | 文芸 | 刊行 | 「南米『棄民』政策の実像」(遠藤十亜希著)

「南米『棄民』政策の実像」(遠藤十亜希著)

 【共同】ブラジルやペルーなどで日系人社会が根を下ろしていることはよく知られている。中南米に新天地を求め移住した日本人は、明治後期から高度成長期まで約31万人に上り、多くは日本政府が積極的に奨励した「国策移民」だったという。だが日本側のずさんな計画に加え、入植地の悪条件、反日感情の高揚による排斥など、戦前戦後を通じて彼らの歩みは苦難の連続だった。
 早くから問題が噴出していたのに日本政府はなぜ、経済水準が低い国々への移民に固執し続けたのか。人口増対策という通説に疑問を投げかけ、国内政治との関わりから、その理由に迫る。
 著者は、政府が戦前は貧農や失業者、戦後は炭鉱離職者や引き揚げ者といった「反体制」に転じかねない人々を巧妙に「排除」する手段として移民制度を活用したと考察。一方で、対外的な国威発揚や「国際貢献」を体現する存在として移民を利用したと指摘する。グローバル化時代の国家と国民の関係について考えさせられる一冊だ。
 (岩波現代全書・2376円)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『ピンドラーマ』2015年2月12日 『ピンドラーマ』  コジロー出版社のブラジル情報誌『ピンドラーマ』2月号が発刊された。 「ブラジルビジネスで失敗しない秘訣」「セオ・カルラゥン・ド・ペルーシェ~サンバの砦」に、恒例の法律相談やサッカー、グルメ、イベント情報も掲載。 日系書店、日本食店などで配布中。問い合わせは同出版社(11・ […]
  • 来社した盆小原さん2014年11月26日 被爆者90人の証言集=協会が『魂の叫び』刊行  ブラジル被爆者平和協会(森田隆会長)は設立30年を機に、広島、長崎で被爆した後に南米へ渡った90人の証言集『南米在住ヒバクシャ 魂の叫び』(247貢、コジロー出版)を刊行した。一冊20レアル。 同協会が1988年から行っている健康調査アンケートを基に、90人分の被爆体験を […]
  • 太平洋戦争の真実に目を向けよ=目良浩一=(1)=著書を本紙が翻訳出版=来月に刊行記念講演会も2015年8月22日 太平洋戦争の真実に目を向けよ=目良浩一=(1)=著書を本紙が翻訳出版=来月に刊行記念講演会も  米国カリフォルニア州で起こった慰安婦像建設反対運動で、中心的な役割を果たした目良浩一氏の共著『マッカーサーの呪いから目覚めよ日本人』のポ語版『A VERDADE SOBRE A GUERRA DO […]
  • 刊行『ピンドラーマ』2013年9月28日 刊行『ピンドラーマ』 ニッケイ新聞 2013年9月13日  月刊情報誌『ピンドラーマ』9月号が刊行された。「ブラジル凸透鏡」「ブラジル緑の歳時記」「各国移民レポート ペルー編」ほか、サッカー、音楽、グルメ、経済など毎月のコーナーも。 […]
  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]