ホーム | 文芸 | 刊行 | 『日系人経営者50人の素顔』=50人を下巻で網羅、出版

『日系人経営者50人の素顔』=50人を下巻で網羅、出版

新刊の表紙

新刊の表紙

 カンノエージェンシーとサンパウロ新聞社がブラジル日本人移民110周年記念として『ブラジル日系人経営者50人の素顔』下巻を出版した。日ポ両語版。
 案内に来社したカンノエージェンシーの菅野英明代表は、80年代から日系社会に関わり続けている。「移民史の中で経営者の話がなかったので企画した」とし、約3年半かけて取材執筆し、上下巻として発行した。この内容はサンパウロ新聞の『企業連載欄』で報じてきた。
 「日系人の経営者に関する情報が無い中、地道に経営者を探して取材を重ねた」と振り返る。上巻はサンパウロ州が中心だったが、下巻では全伯27州のうち10州で50人の経営者に話を聞いた。「日系の経営者全部は網羅しきれなかった。ブラジルの大きさを改めて実感した」と語る。
 目次には、サンパウロ州では杓田洋蘭園・杓田正社長/美代子顧問、Mackey家具工商・井上健治社長、パラナ州ではニセイ薬局・前岡セルジオ社長、杉山総合病院・杉山三郎名誉院長、パラー州では山中商事・山中正二社長、ミナス州のブラスニカ・山田勇次会長らがずらりと並ぶ。
 同書には、菅野さんが在日の日系人経営者や三世世代の経営者にも取材を行なった内容が収録されている。「今まであまり触れられていなかった情報をまとめました。これが日伯の関係強化に役立てば」と熱を込めた。
 1千部限定。一冊200レアル。文協とブラジル日本商工会議所で購入が可能。
 問合せは文協(11・3208・1755)、もしくは商工会議所(同・3178・6233)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 英ワクチン=ブラジル人治験者死亡で波紋=偽薬接種組と判明、続行2020年10月23日 英ワクチン=ブラジル人治験者死亡で波紋=偽薬接種組と判明、続行  21日、リオ市で新型コロナウイルスに対するワクチンの治験に参加したブラジル人ボランティアが死亡したとの報道が流れて、一時波紋が広がった。その後、亡くなった人は偽薬を接種されていたと報道され、治験は続行されている。この臨床試験(治験)は、ワクチン接種組と偽薬接種組の効果 […]
  • 東西南北2020年10月23日 東西南北  「モストラ」名でおなじみのサンパウロ国際映画祭(https://44.mostra.org/)。モストラは毎年、この時期開催で、今年はコロナ禍の中での開催が心配されたが、22日から開幕となった。だが、今年はやはり変則的で、オンライン(https://mostraplay.mo […]
  • 【特集】《サンパウロ市》桜田クリニック=患者のニーズに答えて30年=コロナ対策にも迅速対応2020年10月23日 【特集】《サンパウロ市》桜田クリニック=患者のニーズに答えて30年=コロナ対策にも迅速対応  医療機関が多数存在するサンパウロ市の中でも、一番の目抜き通りのパウリスタ大通りにある桜田クリニックは、患者のニーズに徹底して答えて今年で30周年を迎えた。  桜田クリニック院長、桜田雅美ローザ院長(二世・56歳)は1990年にサンパウロ州立総合大学歯学部を卒業。持ち […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=フィリピン編<3>2020年10月23日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=フィリピン編<3>  アンさんの第一言語はフィリピン語だが、英語も母国語のようにコミュニケーションできる。  「ブラジルに来た時はポルトガル語ができず、仕事を見つけるのに苦労しました。なぜブラジル政府は、アジアの複数の国のように英語をコミュニケーションの手段とすることを法律で義務付けなか […]
  • 《ブラジル》国内便利用者が76%減少=航空会社は3千人近くを解雇2020年10月22日 《ブラジル》国内便利用者が76%減少=航空会社は3千人近くを解雇  ブラジル民間航空監督庁(Anac)の公式サイトによると、第3四半期の国内便利用者は721万8207人で、昨年同期の3050万人と比べると76%減った。  Anacによると、第3四半期で最も良かったのは9月の319万4904人で、8月の231万8308人を大幅に上回っ […]