ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル 鉱山ダム決壊事故続報》5ダム周辺の住民75人退避=決壊したのと同じ方式で建設

《ブラジル 鉱山ダム決壊事故続報》5ダム周辺の住民75人退避=決壊したのと同じ方式で建設

ダムが決壊した場合の被害シミュレーションを行うノーヴァ・リマ市(ノーヴァ・リマ市役所)

ダムが決壊した場合の被害シミュレーションを行うノーヴァ・リマ市(ノーヴァ・リマ市役所)

【既報関連】ミナス州ブルマジーニョ市で1月25日に発生した大型鉱山ダム決壊事故に関して、ダム管理会社の鉄鋼大手ヴァーレは、同じミナス州のオウロ・プレット市、ノーヴァ・リマ市内にある五つのダムの周辺エリアから総勢75人の住民の一時退避活動を始めた。
 五つのダムは、ヴァルジェン・グランデダム(ノーヴァ・リマ)、フォルキーリャⅠ、Ⅱ、Ⅲダム、グルッポダム(オウロ・プレット)だ。これら全ては、1月末に決壊したブルマジーニョ市のダムと同じ、積み上げ式工法で建てられていた。
 鉱山局(ANM)は18日、ブラジル国内に存在する積み上げ式工法のダムを2021年8月15日までに解体、もしくは使用停止にする事を決めた。住民の一時退避活動は、五つのダムの、使用停止計画の一環だ。
 ノーヴァ・リマ市、ヴァルジェン・グランデダム周辺地域から19世帯60人が、オウロ・プレット市の四つのダム周辺地域から5世帯15人が一時的に退避すると、ヴァーレは発表した。これらの家々は、ダムが崩壊した際には水や泥に飲み込まれる危険性が高い所に建っていた。
 ヴァーレ社は「危険地帯の住民には、ヴァーレ社と地元防災局から連絡が行く」と発表、またヴァーレ社はオウロ・プレット市、ノーヴァ・リマ市の都市開発がすすんだ地域は、ダム決壊の際も水や泥に飲み込まれる危険性がないため、退避措置の対象外とした(2月20日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ベネズエラがドイツ大使を追放=ブラジルとの国境封鎖も続く2019年3月8日 ベネズエラがドイツ大使を追放=ブラジルとの国境封鎖も続く  【既報関連】ベネズエラのマドゥーロ大統領が6日、内政に度々干渉したとの理由で在ベネズエラのドイツ大使を「好ましからざる人物」に指定し、国外追放すると発表したと、6、7日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  48時間以内の国外退去を命じられたのはマルティン・クライナー […]
  • 《ブラジル》熱心な左派支持のベテラン俳優が大統領宣言=政界へ皮肉込めたパロディ2019年3月1日 《ブラジル》熱心な左派支持のベテラン俳優が大統領宣言=政界へ皮肉込めたパロディ      2月25日、ブラジルのベテラン俳優、ジョゼ・デ・アブレウ(72)が自身のツイッター上で突如、大統領就任宣言を行った。  本人曰く、「これは、1月にベネズエラで大統領宣言を行った「フアン・グアイド議長に触発された」とのこと。グアイド氏の […]
  • 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別2019年3月7日 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別  バイア州サルバドール市で5日、女装してカーニバルのパレードに参加していた殺人容疑者が逮捕された。  逮捕されたマルコス・ヴィニシウス・デ・ジェズス・ネリ容疑者は、マルキラナスと呼ばれるトラヴェスチ(女装男性)のブロッコ(サンバ集団)に参加していたが、バラ・オンジナと […]
  • リオ市北部=2台の電車が衝突事故=1人が死亡、8人が重軽傷2019年3月1日 リオ市北部=2台の電車が衝突事故=1人が死亡、8人が重軽傷  2月27日朝、リオ市北部で2台の電車の衝突事故が起き、1人が死亡、8人が重軽傷を負った。2月28日付現地紙が報じている。  事故が起きたのは2月27日午前6時30分頃で、リオ市北部を走る路線「スーペルヴィア」のサンクリストヴァン駅に停車していた電車に、デオドーロ方面 […]
  • 《ブラジル》暴力事件=18年の犠牲者は13%減=ただし、女性殺人は増加2019年3月1日 《ブラジル》暴力事件=18年の犠牲者は13%減=ただし、女性殺人は増加  サンパウロ総合大学暴力研究センターやブラジル治安フォーラム(FBSP)などのデータによると、18年は暴力に起因する死者が、統計開始以来最大の前年比13%減を記録したと2月27日付G1サイトが報じた。  統計によると、殺人、強盗殺人、傷害致死事件は、07年の4万462 […]