ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》反大統領派女性政治家=記憶にない謎の5カ所骨折=家庭内暴力や政敵襲撃の可能性も

《ブラジル》反大統領派女性政治家=記憶にない謎の5カ所骨折=家庭内暴力や政敵襲撃の可能性も

被害を訴えるジョイセ氏(Twitter)

 ジョイセ・ハッセルマン下議(社会自由党・PSL)が自宅内で、計5カ所の骨折などを追う怪事件が起きていたことがあきらかになった。ジョイセ氏はこのような重傷を負った記憶がないという。22、23日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ