ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 「リオ五輪のために精子凍結も」=ジカ熱におびえる有名バスケ選手

こちらの記事もどうぞ

  • 2016年=ブラジル10大ニュースは?=1位はやはりジウマの罷免=リオ五輪さえも上回る=シャペコエンセ搭乗機の墜落事故なども2016年12月27日 2016年=ブラジル10大ニュースは?=1位はやはりジウマの罷免=リオ五輪さえも上回る=シャペコエンセ搭乗機の墜落事故なども  2016年はブラジルにとっても激動の1年だったが、8日付G1サイトが、フェイスブックで読まれた記事のデータを基に、この1年間、国内で最も話題となったものを「10大ニュース」の形でまとめている。 […]
  • リオ・オリンピックの憂慮=サンパウロ 平間浩二2016年8月2日 リオ・オリンピックの憂慮=サンパウロ 平間浩二  リオデジャネイロと言えば、世界中の人々は世界三大美港を頭に描くことであろう。コルコバードの丘、ポン・デ・アスーカルの奇岩、そしてコパカバーナの白い砂の海岸、群青の空と紺碧の海―想像しただけで誰しもが心浮き浮きとなり、行ってみたくなるような憧れの都市である。By Heitor […]
  • ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表2016年3月12日 ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表  ジウマ大統領は10日午後、リオ市北部のオズワルド・クルス研究院(Fiocruz)内にある、免疫生物学技術研究所(通称バイオ・マンギーニョス)を訪問した。同研究所はブラジルの主要な免疫学研究センターだ。 ジウマ大統領は午後5時頃、ヘリコプターで研究所のサッカーグラウンドに到着し […]
  • 第1位=大成功の五輪、不安はねのけ=日系も活躍、東京大会PRも2016年12月27日 第1位=大成功の五輪、不安はねのけ=日系も活躍、東京大会PRも  半年前に迎えた中南米大陸初の祭典。1位はやはり、リオでのオリンピック・パラリンピックだ。開幕前から工事遅延、治安、ジカ熱と不安が高まる報道が目立った。大統領弾劾が重なるような混迷期だったが、邦人被害を含め大きな事件、事故もなく無事に閉幕。ブラジル特有のホスピタリティで成功 […]
  • リオ五輪は「再生の時」2016年8月23日 リオ五輪は「再生の時」  どうしてこうドラマチックなのか――ブラジルという国の動きの筋書きのことだ。国技サッカーが初金メダルを獲り〃王国〃復活の兆しを見せた五輪によって、国全体に「再生の時」という雰囲気を醸し出す気がする▼大会前は、無事に終わるのかという不安感と、不必要に莫大な資金を投じたことに強く疑 […]