ホーム | イベント情報 | 長崎龍踊り、マルシア母も=来週末、コロニア芸能祭

長崎龍踊り、マルシア母も=来週末、コロニア芸能祭

来社した皆さん

来社した皆さん

 ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)の『第51回コロニア芸能祭』が25、26の両日午前9時から、文協大講堂(Rua Sao Joaquim, 381)で開催される。
 今年の目玉は龍踊り。長崎市から寄贈された伝統芸能がフィナーレを飾る。特別ゲストとして歌手マルシアの母、芳子さんもカラオケを披露する予定だ。さらに舞踊グループ「優美」も、数年間の欠場を経て再登場する。
 プログラムは2日間で134演目。例年同様、琴で幕開けし民謡、日舞、太鼓や邦楽などの伝統芸能が盛り沢山の祭典となっている。26日午前9時からは99歳の高齢者を対象に、『白寿者表彰』も行なわれる。
 頃末アンドレ芸能委員長、楠本留巳実行委員長、斉藤美恵同委員が来社し、「選考会を勝ち抜いた、コロニア芸能界の上級者ばかりが勢揃いします」と自信を見せ、来場を呼びかけた。
 入場無料だが、保存可能な食品1キロの寄付が必要。問い合わせは文協(11・3208・1755)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ