ホーム | 日系社会ニュース | 熊本地震、支援に2万5千レ=援協が県人会に義援金手渡す

熊本地震、支援に2万5千レ=援協が県人会に義援金手渡す

菊地会長(右)から義援金を受け取った田呂丸会長(左から3人目)(熊本県人会にて)

菊地会長(右)から義援金を受け取った田呂丸会長(左から3人目)(熊本県人会にて)

 援協の菊地義治会長は8日、熊本地震の被災者支援のため、同県人会を訪れて田呂丸哲次会長に義援金を贈呈。援協本部と日伯友好病院、サントス厚生ホームから供出されたもので、合計2万4528・05レアルと2万円が熊本県人会へ手渡された。
 田呂丸会長は深い感謝の言葉を述べ、「送金にかかる税金で目減りしないよう、最も良い方法を選び、できる限り早く熊本県に送金する」と語った。


□関連コラム□大耳小耳

 4月に発生した一連の熊本地震だが、20日には熊本県甲佐町で、日本の観測史上4番目の雨量となる150ミリの大雨を記録。同県内で6人が死亡し、弱り目に祟り目という状態か。日に日に地震関連ニュースの数が減っている。それに伴って義援金の集まり方も鈍るのではと懸念される。日本一美しい城と言われた同県のシンボル・熊本城は無惨な姿となり、修復には30年以上かかるという見方も。全伯の日系団体中でも最多の職員数を抱える援協とはいえ、約2万5千レもの寄付を集めるのはすごいことだ。伯人職員の寄付も多いことだろう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ2017年5月24日 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ  琉球民謡保存会ブラジル支部(城間伸明(のぶひろ)会長)は、『第10回琉球民謡の祭典』を28日午後13時から、同県人会会館(Rua Tomas de Lima, 72, […]
  • レジストロ=中津川姉妹都市38周年=友好の絆深め再会誓う=杉本会長「20年は岐阜へ」2018年10月27日 レジストロ=中津川姉妹都市38周年=友好の絆深め再会誓う=杉本会長「20年は岐阜へ」  レジストロ中津川姉妹都市協会(高橋邦彦会長)が主催する姉妹都市提携38周年、レジストロ日本人入植105周年、日本移民110周年を祝う式典が20日晩、レジストロ文協会館で行われ、約130人が盛大にお祝いした。首都からはサムエル・モレイラ連邦下議、岐阜県中津川市から青山節 […]
  • 移民の父、上塚の生涯描く=演劇「万華鏡~百年物語」=劇団員16人来伯、6日から2018年9月28日 移民の父、上塚の生涯描く=演劇「万華鏡~百年物語」=劇団員16人来伯、6日から  【既報関連】熊本市の劇団夢桟敷(坂本真理代表)は、〃移民の父〃上塚周平の生涯を描いた演劇『万華鏡~百年物語』の公演を、10月6日午後3時から聖市熊本県人会ホール(Rua Guimaraes Passos, 142)、9日午後7時半からプロミッソン市劇場(Rua […]
  • グァタパラ入植56年祭=拓魂碑で先人231人弔う2018年8月16日 グァタパラ入植56年祭=拓魂碑で先人231人弔う  グァタパラ農事文化体育協会(茂木常男会長)は「グァタパラ移住地入植56周年祭」を7月14、15両日に同文協敷地内で開催した。初日はモンブカ墓地の「拓魂碑」前で先没者慰霊式を行い、参列者が献花と焼香を行い先人を弔った。  モンブカ墓地で行われた先没者慰霊式は14日の午 […]