ホーム | コラム | オーリャ! | ペルー版「神の手」? いやいや、ただの手

ペルー版「神の手」? いやいや、ただの手

 サッカーブラジル代表は、12日のペルー戦でハンド(手)のゴールを決められ、審判は気づかず有効となった。その結果、コッパ・アメリカで八強にも残れないという大屈辱を味わった。
 ブラジルサッカー協会の動きは速かった。ドゥンガ監督を解任し、国内屈指の名将チッチに新監督就任を要請。敗退からそこまで、わずか48時間の出来事だった。
 もしペルーの選手がハンドを犯さず引き分けに終わっていたら、監督はそのまま…。そうなら、チーム停滞は明らかだったが、監督を切るに切れず、最悪の大惨事「W杯予選敗退」になっていたかも知れない。
 勝ち上がったペルーも早々に敗退し、もはや誰も〃ハンドのペルー人〃を話題にするものはいない。もしセレソンが復活を遂げ、2年後のロシアで栄冠を手にしたら「この優勝はペルー人のハンドから始まった…」と語られるか? (規)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル代表=ドゥンガ監督を解任=後任チッチを待ち受ける試練2016年6月17日 ブラジル代表=ドゥンガ監督を解任=後任チッチを待ち受ける試練  6月12日、コパ・アメリカ100周年記念大会、1次リーグ最終戦でブラジルはペルーに0対1で破れ、グループリーグ3位に陥落、同大会から姿を消した。 ペルーの決勝点は完全なハンドで、ブラジルに同情の余地はあるが、初戦のエクアドルでは逆に誤審に助けられ、辛くも引き分け。エクアドル、 […]
  • 東西南北2017年10月26日 東西南北  黄熱病ショックに襲われているサンパウロ市だが、新たな猿の死体が見つかったことで、市立の公園では最大のアニャンゲーラ公園(ペルース)が25日より閉鎖された。これで、同市での黄熱病対策で20日以降に閉鎖された公園は、州立カンタレイラ公園、オルト・フロレスタル公園に次いで三つ目(い […]
  • ネイマール初のW杯予選=いきなり迎えた大一番=手負いのアルゼンチンと敵地で対戦2015年11月12日 ネイマール初のW杯予選=いきなり迎えた大一番=手負いのアルゼンチンと敵地で対戦  10月に開幕した2018年ロシアW杯予選を1勝1敗で終えたサッカー・ブラジル代表こと〃セレソン・ブラジレイラ〃は、今月12日と17日にそれぞれ、ブエノスアイレスでアルゼンチン、サルバドールでペルー代表と戦い、今年の活動を締めくくる。 欧州、伯国で活躍する選手達は8日よりサンパ […]
  • チッチ監督=コリンチャンス躍進の立役者=3カ国の代表からのオファー認める=コリンチャンスの後は強豪国を率いるのが夢2015年10月1日 チッチ監督=コリンチャンス躍進の立役者=3カ国の代表からのオファー認める=コリンチャンスの後は強豪国を率いるのが夢  サッカーブラジル全国選手権1部で首位を快走するコリンチャンスの監督チッチが、イタリアの主要スポーツ紙のインタビューに答え、これまでに日本、パラグアイ、ペルーの3カ国の代表チームから監督就任の打診があったことを明かした。 12年にはコリンチャンスを率い、南米クラブ選手権、リベル […]
  • 2点目を決めたジエゴ・タルデッリ(Rafael Ribeiro/CBF - 07/06/2015)2015年6月9日 ネイマール抜きでも勝った=セレソンが悪夢を払拭  サッカーのブラジル代表(セレソン)が7日、メキシコ代表との親善試合をネイマール抜きで2―0で快勝し、W杯での悪夢を払拭した。 この日、サンパウロのアリアンツ・パルケで行われた試合は、11日からのコパ・アメリカ(ブラジルの初戦は14日の対ペルー戦)を目前にしたもので、この日 […]